ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ
PODERE POGGIO SCALETTE

イタリア中の蔵をコンサルタントしてきたヴィットリオ・フィオーレ水から足を運んで見つけた畑「イル・カルボナイオーレ」には、フィロキセラ後、初めて植えられた苗木「サンジョヴェーゼ・ディ・ラモーレ」のオリジナルがありました。「何か特別のものをつくりたかった」という氏の集大成。

「ヴィットリオ・フィオーレ」を抜きにしてイタリアワインを語ることはできない

1964年にミラノでコンサルティング・ワインメーカーの仕事を始め、多くの蔵のコンサルティングを行いイタリアワインの品質向上に寄与、イタリア醸造技術協会理事や国際醸造家組合執行委員という要職をも歴任してきた、イタリアワイン界の重鎮、“スター・エノロゴ”の先駆者的存在。 それがヴィットリオ・フィオーレ氏です。 そして、そんな彼が自身の足で探し出した畑のブドウから、40年にも及ぶ経験を生かしたワイン造りを行う彼自身のワイナリー、それが「ポデーレ ポッジョ・スカレッテ」です。 イタリアワイン業界自体の将来を背負い、世界各国を飛び回っていたフィオーレ氏でしたが、1978年、病気がちな妻の体調を思い、環境の良いトスカーナに移り住むことを決心。以来、その経験と知識を集約させた自身のワインを造るべく畑を探し始め、遂に1991年、 グレーヴェ・イン・キアンティ地区、ルッフォリに理想の畑を見つけ出しました。 その名が “ イル・カルボナイオーネ ”。この小さな農園で、今ではほとんど存在しないといっても過言ではないキアンティ・クラッシコの有名なクローン「サンジョヴェーゼ・ディ・ラモーレ」と出会ったのです。フィオーレ夫妻はその畑を購入。そして、集大成ともいえるワイン「イル・カルボナイオーネ」を完成させたのは、翌1992年のことでした。 その後、1996年には、新たに隣接していた建物(現在のカンティーナ)と土地を購入、2003年にも4Haの土地を購入しました。

イタリアワイン業界で無くてはならない存在

イタリア・ワイン界の重鎮、ヴィットリオ・フィオーレ氏。イタリア・ワイン界が大きく変動する1970年代、いわばイタリア・ワインの「ルネッサンス時代」を迎える以前からワイン業界に貢献し、激動の時代を実際に見てきた、まさに「イタリア・ワイン界の生き字引」。 フィオーレ氏がこの業界に入った頃のイタリア・ワインは、「質より量」を追い求めた造りだった。当時は酸が強くて味が薄い北の産地のワインと、果実味が豊かだが酸がない南の産地のワインを混ぜて、味をおぎなう造りをしているような有様でだった。 その後1970年にイタリア醸造技術協会勤務、理事として世界各国を回るようになり、様々なワインを飲み、世界中に知人ができ、見識を深めることができた。この頃、醸造家同士でイタリア・ワインの現状について憂い、そして将来について話し合った。彼らのような志を持った人たちに加え、ルイジ・ヴェロネッリ、マリオ・ソルダーティなどといったジャーナリスト達の活躍により、1970年代、イタリア・ワイン界がワインの「質」を考えるようになり、「ヴィニタリー」等のワイン見本市も開催されるようになり、イタリア・ワインにルネッサンス時代が到来。 1978年、フィオーレ氏は、個人としてイタリアで初めてとなる醸造コンサルタントとして独立。氏がトスカーナへ移住した時のこと。この当時のトスカーナの畑は、1,000年以上のブドウ栽培の歴史があるものの、ほとんど打ち捨てられた状態であり、今からは想像も出来ないほどワインの質はひどいものだった。 しかしフィオーレ氏をはじめとするワイン業界関係者の活躍により、今やトスカーナ州はイタリアを代表する銘醸ワインを数多く生み出す産地として注目されています。 イタリア・ワインの激動の流れ、またトスカーナ・ワインの変革時期。まさにこの変動期の中心にいたのがヴィットリオ・フィオーレ氏だった。 【経歴】 1941.05.14生まれ。オーストリアとの国境付近になる、アルト・アディジェのブレンネーロ(Brennero)で生まれる。父は税査察官で、ワインとは全く関係ない仕事をしており、また彼の生まれた周りにブドウ畑はなかった。むしろ、標高が高く、寒すぎ栽培できない場所だった。 そんな彼が、どのようにワインの世界に入ったのか?義務教育の後、「山奥より開けた場所に移りたかった。それに何か専門的な職を手にしたかった。」といい、今でも有名なサン・ミケーレ・アディジェ農業専門学校に入学、2年間ブドウ醸造、栽培学を修める。 その後ヴェネトのプロセッコメーカーにて、1961年まで修行を兼ね、従事。その後1972年までマルタ島(シチーリアの南)、ミラノ、後ピエモンテでもワイン醸造に携わる。その間、1964年にアドリアーナさんと結婚。1968年にはユーリ・フィオーレが誕生した。 その頃、1970年頃から自分自身のワイナリーを持ちたいと考え初めていた。一方で、イタリアワイン業界を背負う立場まで成長し、1972年に「イタリアワイン醸造技術協会理事」に任命され、1978年までこの要職につく。 この年の1978年、奥さんの持病などの理由により、暖かい所に住みたくなり、トスカーナへ移住する。この時から独立して、ワイン醸造コンサルタントを本格的に始める。友人がパンツァーノ・イン・キアンティでワイナリーを営んでおり、そこでエノロゴとして活動を開始し現在に至る。

アジィエンダ・アグリコーラ・ポッジョ・スカレッテアジィエンダ・アグリコーラ・ポッジョ・スカレッテ




イル・カルボナイオーネ 2014(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)

イル・カルボナイオーネ(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)

商品名イル・カルボナイオーネ
メーカー名ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ
ヴィンテージ2014
生産国イタリア
地 域トスカーナ州
地 区キアンティ・クラッシコ
村 名グレーヴェ・イン・キアンティ
格付けトスカーナ・IGT
品 種サンジョヴェーゼ100%
タイプ辛口・赤・フルボディ 飲み頃温度 17℃ ALC度数 13.39 %
熟 成醗酵:20日間のマセラシオン後、ステンレスタンクにて 2003年より
樽内にてMLFを実施。 熟成:350L(70%)、
225L(30%)新樽比50%で12ヶ月熟成(アリエ、トロンセ)。
瓶熟6ヶ月以上。
価 格
●.750ml \5.440(5.875円)

備 考イル・カルボナイオーネ(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)■黒イチゴやスミレ的な香りがまず始めに、そしてストロベリーチョコ的なニュアンスが丁子やカカオの香りと共に余韻が続いていきます。果実味豊かなヴィンテージです。
(2004)減収となったが、素晴らしいヴィンテージとなった2004年。ベリー系の果実香に、様々な香草のアロマとスパイス。シルキーな舌触りと品の良い味わいはさすがの一言。エノロゴ、ヴィットリオ・フィオーレが造るサンジョヴェーゼの集大成。フレッシュなチェリーやカンゾウのアロマにスパイスのフレーバー。熟したタンニンと長い余韻。酸の立った力強いワインです。パワフルながらもどこか上品な味わいです。
(2005)平均年間生産量 27,900本 ALC度数 13.39 %
(2004) 平均年間生産量 28,000本 ALC度数 13.75 %
(2003)平均年間生産量 35,000本 ALC度数 13.30 %
海外ワイン専門誌評価歴 (2005)「ガンベロロッソ 2009」 3グラス/「ヴェロネッリ 2009」 スーパー3ツ星
海外ワイン専門誌評価歴 (2004)「ヴェロネッリ 2008」 スーパー3ツ星
/「ドゥエミラ ヴィーニ 2008」 5ブドウ

海外ワイン専門誌評価歴 (2003)「ガンベロロッソ 2007」 3グラス
/「ヴェロネッリ 2007」 スーパー3ツ星
国内ワイン専門誌評価歴 (2003)「ヴィノテーク 2007-01」 18.5点





キアンティ・クラッシコ 2015(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)
Chianti Classico

キアンティ・クラッシコ(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)

商品名キアンティ・クラッシコ
メーカー名ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ
ヴィンテージ2015
生産国イタリア
地 域トスカーナ州
地 区キアンティ・クラッシコ
村 名グレーヴェ・イン・キアンティ
格付けキアンティ クラッシコ D.O.C.G.
品 種サンジョヴェーゼ100%
タイプ辛口・赤・フルボディ 飲み頃温度 17℃ ALC度数 13.00 %
熟 成醗酵:セメント・タンク
/主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵   
熟成:セメント・タンク熟成 11ヶ月
/瓶熟成 3ヶ月以上
価 格
●.750ml \2.240(2.419円)

備 考キアンティ・クラッシコ(ポデーレ・ポッジョ・スカレッティ)■色が非常に濃く、膨らみがあり凝縮した香り、しっかりとしたストラクチャー。チェリーやバラなどのニュアンス豊富な果実味、ふくよかなボディが魅力。
(2013)平均年間生産量 37,500本 ALC度数 13.00 %
海外ワイン専門誌評価歴 (2013)サックリング92点/(2013) 「ワイン・エンスージアスト 2015」 90点


 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






ポデーレ・ラ・カッペラへはこちらから

ファットリア・ヴィティッチオへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。