フルゲッティーナ
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
フルゲッティーナ
FERGHETTINA

ベッラヴィスタで長年醸造責任者を務めたロベルト・ガッティ氏の情熱のもと、1991年にスタートしました。氏の哲学である「エレガンスとフィネス」を最大限に表現された素晴しさが創立後、間もないながらも口コミで広がり「ベスト・バイ・フランチャコルタ」と評価されるなど注目を浴びています。「フェルゲッティーナ」は1991年創立と比較的新しいワイナリー。「ベッラヴィスタ」で20年という長きに渡り栽培・醸造責任者を務め、その名声を確立した立役者といわれる「ロベルト・ガッティ」氏の情熱の下、わずか5haの畑からスタートしました。氏の哲学である「エレガンスとフィネス」が最大限に表現された素晴らしい味わいは、創立後間もない時期より評判となり、1997年の「サテン」がガンベロ・ロッソでいきなり3ビッキエーリを獲得(1999年でも再度獲得!)。さらに、「3グラスのフランチャコルタの中で一番素晴らしい」「ベスト・バイ・フランチャコルタ」と評価されるなど、注目を浴びます。 名門ワイナリー「カ・デル・ボスコ」「ベッラヴィスタ」に隣接する自社畑のブドウのみを使用し、全て自社瓶詰めによって造り出されるフランチャコルタの品質の素晴らしさは、その後も口コミで広がり、特にオリジナリティを求めるイタリア国内のこだわりのレストランが、ここのフランチャコルタの取り扱いを求めて注文が殺到。昨年は「サテン」が7月のリリースからたったの3ヶ月で完売してしまったほど。現在、その評価は世界的なものになっています。 ロベルト・ガッティ氏はフランチャコルタ歴40年のベテラン職人。無口で働き者、“頑固職人”を絵に描いたような氏が、全て自らの手の届く範囲で造り上げる、こだわりのワイナリーであるフェルゲッティーナ。他業種からビジネスとしてワイナリーを立ち上げ、大量生産によって名声を得たカ・デル・ボスコやベッラヴィスタと違い、幼い頃からフランチャコルタの地で育ち、地元に根ざしたこだわりの職人(=ロベルト氏)がおこした蔵。そこで造り出されるのは、小規模・家族経営のワイナリーによる生産者元詰フランチャコルタ。販売プロモーションやマーケティングはお世辞にも得意とはいえませんが、それだけに、“知る人ぞ知る、素晴らしいものをやっと探し当てることができた”という喜びを味あわせてくれる存在感をもつ蔵ともいえるのではないでしょうか。もっとも、最近では、その素晴らしさは日本の愛好家の間でも急速に認知されつつあるのですが。


フランチャコルタを知り尽くした“職人”が自社ブドウのみを使用し
匠の技で造り出す、フランチャコルタの最高峰!

フランチャコルタのベテラン職人が自身で立ち上げたワイナリー。

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ
1991年創立と比較的新しいワイナリー。 「ベッラヴィスタ」で18年間、長きに渡り栽培・醸造責任者を務め、その名声を確立した立役者といわれるロベルト・ガッティ氏の情熱の下、わずか5haの畑からスタートしました。 氏の哲学である「エレガンスとフィネス」が最大限に表現された素晴らしい味わいは、創立後間もない時期より評判となり、1997年の「サテン」がガンベロ・ロッソでいきなり最高評価3グラスを獲得(1999年でも再度獲得)。 さらに、「3グラスのフランチャコルタの中で一番素晴らしい」「ベスト・バイ・フランチャコルタ」と評価されるなど、注目を浴びるまでになりました。

自社ブドウ元詰フランチャコルタ(小規模・家族経営ワイナリー)

カ・デル・ボスコ、ベッラビスタなどが他業種からビジネスとしてワイナリーを興し、名声を得たのに対し、地元の人間が興した蔵といえます。全て自分の手の届く範囲でつくりあげます。 わずか5haの畑からスタートしたフェルゲッティーナは、瞬く間に成長を遂げました。 フェルゲッティーナは、販売プロモーションやマーケティングはお世辞にも得意とはいえないが、それだけに、“知る人ぞ知る、素晴らしいものをやっと探し当てることができた”という喜びを味あわせてくれる存在感をもちます。大きな会社のような大量生産ではなく、家族で力を合わせて丁寧に造った温かみのあるワインは、世間の人々の心を捉え、大きな宣伝を行ったわけでもないのに、口コミで評判のワインとなりました。 現在はミラノの醸造大学を卒業した娘のラウラさんが醸造だけでなく経営面でのサポートや、ロベルト・ガッティ氏の苦手なプロモーション活動を助けています。 アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ



フランチャコルタ・ブリュット(フルゲッティーナ)
FRANCIACORTA NV

フランチャコルタ・ブリュット(フルゲッティーナ)

商品名フランチャコルタ・ブリュット
メーカー名フルゲッティーナ
ヴィンテージNV
生産国イタリア
地 域ロンバルディア州
地 区フランチャコルタ
村 名
格付けフランチャコルタ・DOCG
品 種シャルドネ95%・ピノ・ネロ5%
タイプ辛口・白・ 飲み頃温度 6℃ ALC度数 12.90 %
熟 成モストを木樽とステンレスタンクに分けて一次発酵、
ブレンドし、酵母と蔗糖を加え、瓶内二次発酵させる。
22ヶ月ねかせデゴルジュマン
価 格
●.750ml \2.800(3.024円)

備 考■全て自社葡萄でつくられるいわば、フランチャコルタのRM。フレッシュで透明感のある薄い藁色。グレープフルーツのようなフルーティなアロマにキメの細かい泡立ちで喉ごしも滑らかです。 平均年間生産量 160,000本
コンクール入賞歴 (NV)ジャパン・ワイン・チャレンジ 2009 銅賞/ジャパン・ワイン・チャレンジ 2008 銀賞
国内ワイン専門誌評価歴 (NV)「ヴィノテーク 2005-07」 17点





ミッレディ・フランチャコルタ・ロゼ・ブリュット(フルゲッティーナ)
FRANCIACORTA ROSE 2012

ミッレディ・フランチャコルタ・ロゼ・ブリュット(フルゲッティーナ)

商品名フランチャコルタ・ロゼ・ブリュット
メーカー名フルゲッティーナ
ヴィンテージ2012
生産国イタリア
地 域ロンバルディア州
地 区フランチャコルタ
村 名
格付けフランチャコルタ・DOCG
品 種ピノ・ネロ70%・シャルドネ30%
タイプ辛口・ロゼ 飲み頃温度 6℃ ALC度数 13.22 %
熟 成醗酵:ステンレス・タンク 1次醗酵後、10%をオーク樽にて
数ヶ月熟成 瓶内2次醗酵  
熟成:デゴルジュマンまでの瓶内熟成 36ヶ月
価 格
●.750ml \4.160(4.493円)

備 考■年間5000本程しか生産されないこのロゼは非常にエレガントで果実味豊か、ほどよいボディも持ち合わせています。 少なくともあと5年は熟成可能なワインです。 ブドウの出来が素晴らしく良かった為、100%ピノ・ネロとした2003年。イチゴやチェリー、森のフルーツ系の香りを感じ、ボディや骨格がしっかりしている。酸の持続性が長い。 平均年間生産量 8,000本
海外ワイン専門誌評価歴 (2005)「ヴェロネッリ 2010」 3ツ星





ミッレディ フランチャコルタ ブリュット(フルゲッティーナ)
Milledi Franciacorta Brut

ミッレディ フランチャコルタ ブリュット(フルゲッティーナ)

商品名ミッレディ フランチャコルタ ブリュット
メーカー名フルゲッティーナ
ヴィンテージ2012
生産国イタリア
地 域ロンバルディア州
地 区フランチャコルタ
村 名
格付けフランチャコルタ・DOCG
品 種シャルドネ 100%
タイプ辛口・白 Sparkling 飲み頃温度 6℃ ALC度数 13.20 %
熟 成醗酵:ステンレス・タンク 瓶内2次醗酵  
熟成:デゴルジュマンまでの瓶内熟成 36ヶ月
価 格
●.750ml \4.160(4.493円)

備 考■ミッレディ フランチャコルタ ブリュット
フランチャコルタのRMともいえるフェルゲッティーナ。1,000日間(ミッレディ)以上もの熟成期間を経て表現される深いコクとキメの細かい泡立ちが素晴らしい。 平均年間生産量





フランチャコルタ・サテン(フルゲッティーナ)
FRANCIACORTA SATEN 2012

フランチャコルタ・サテン(フルゲッティーナ)

商品名フランチャコルタ・サテン
メーカー名フルゲッティーナ
ヴィンテージ2012
生産国イタリア
地 域ロンバルディア州
地 区フランチャコルタ
村 名
格付けフランチャコルタ・DOCG
品 種シャルドネ100%
タイプ辛口・白・飲み頃温度 6℃ ALC度数 12.63 %
熟 成醗酵:ステンレス・タンク 1次醗酵後、10%をオーク樽にて
数ヶ月熟成瓶内2次醗酵   
熟成:デゴルジュマンまでの瓶内熟成 36ヶ月
価 格
●.750ml \4.000(4.320円)

備 考■フランチャコルタの哲学を最大限に表現したこのサテンは、包み込むような柔らかな泡立ちでエレガンスとフィネスを兼ね備えている。約3年間ボトルで寝かされた後に生まれる深く、豊かな風味。 (2003)やわらかく包みこむような優しい味わいだが、力強いストラクチャー。僅かにタンニンを感じ、非常にバランスが取れたヴィンテージで、従来の繊細さに加え、ボディ豊かに仕上がっている。
(2006)ALC度数 12.80 %
(2005)ALC度数 13.15 % 海外ワイン専門誌評価歴 (2005)「ヴェロネッリ 2010」 3ツ星
(2004)ALC度数 12.67 %
(2003)平均年間生産量 20,000本 ALC度数 12.76 %
2002年はブドウがゆっくり成熟し、柔らかな泡立ちとエレガンスとフィネスが表現されている。長い熟成の後に生まれる、深く豊かな風味。





フランチャコルタ・エクストラ ブリュット(フルゲッティーナ)
FRANCIACORTA Extra Brut 2009

フランチャコルタ・エクストラ ブリュット(フルゲッティーナ)

商品名フランチャコルタ・エクストラ ブリュット
メーカー名フルゲッティーナ
ヴィンテージ2009
生産国イタリア
地 域ロンバルディア州
地 区フランチャコルタ
村 名
格付けフランチャコルタ・DOCG
品 種シャルドネ 80%/ピノ・ネロ 20%
タイプ辛口・白・飲み頃温度 6℃ ALC度数 12.28 %
熟 成ステンレスタンクにて醗酵後、4月までタンク内で熟成。
瓶詰め後72ヶ月以上瓶熟。
2006年5月デゴルジュマン。
価 格
●.750ml \4.800(5.184円)

備 考■美しい麦色。白い花の香り。ヴァニラ、ヘーゼルナッツ、また桃のニュアンスも感じられるエレガントなブケが繊細な柔らかさと泡とともに広がります。均整の取れたボディ。
平均年間生産量 8,000本
海外ワイン専門誌評価歴 (2001)「ヴェロネッリ 2009」 3ツ星/「ドゥエミラ ヴィーニ 2009」 5ブドウ/「エスプレッソ 2009」 コストパフォーマンス
国内ワイン専門誌評価歴 (1999)「リアル・ワイン・ガイド No.17」 90-90+p






フランチャコルタの名声を築き上げた職人

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ
フランチャコルタのベテラン職人。 無口で働き者で、「頑固職人」を絵に描いたような性格。生まれも育ちもフランチャコルタ、そして仕事もフランチャコルタという根っからの地元人。 23歳で、著名なフランチャコルタの生産者「ベッラヴィスタ」で醸造・栽培の責任者に抜擢され、家族でベッラヴィスタに住み込みながら、およそ18年間、その高い品質と名声を築き、そして支えてきた経歴を誇ります。 フランチャコルタ歴は40年を超える長い経験になり、フランチャコルタというワイン自体の、瓶内2次醗酵を始めてからの経験・歴史がそれ程ない頃から、彼は、自身の経験と勘、そして自分の舌を信じてここまできました。自社のワイナリーだけでなく、フランチャコルタ地区の礎を築いたともいえる人物です。

頑固一徹、多くを語らない職人

ロベルト・ガッティ氏 働き者の無口な職人、人見知り。ゆえに、ワイナリーも販促物、PRなどマーケティングはあまりうまくないこだわりの生産者といえます。ベッラヴィスタで20年近く、醸造責任者として、家族共々住み込み一手にその名声を支え、彼をなくして今のベッラヴィスタの品質・名声は考えられない程重要な人物。小さな頃からフランチャコルタに関わってきたベテラン職人で、その経歴は40年以上。性格は、職人気質・頑固一徹のおっちゃん。働き者、人見知り、口数が少なく、経歴は人に話したがりません。怒っているのかと思いきや、ただ人と話をすることをしたがらないようで、慣れてくると話しかけてきます。  ロベルト・ガッティ氏曰く「良い年は誰でも良いワインを造ることが出来る。しかし、フェルゲッティーナでは困難といわれるヴィンテージでも、良年に引けをとらない良いワインを造ることができ、それに対して絶対の自信がある。」

フェルゲッティーナの次世代を支える「後継者」

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ 幼い頃よりベッラヴィスタの中で育ち、彼女にとってフランチャコルタは非常に身近なものだったといいます。(天才エノロゴ、ルカ・ダットーマ氏がベッラヴィスタに修行に来ていた時に面識もあったよう。)  ミラノの醸造大学を卒業後は、父の立ち上げたワイナリーであるフェルゲッティーナを手伝い、今やワイナリーの方針、品質管理などは父ロベルト・ガッティ氏とラウラさんが相談して決めるほどにまで成長しました。また無口な父親にかわってマーケティングなどを一手に担っています。人当たりがよく、仕事熱心で真面目な女性です。ラウラさん自身がフェルゲッティーナのワインのように純粋で素直、そして家族愛にあふれた環境で育ったと感じさせてくれます。

驚くほどの上品さ。澄み切ったフランチャコルタ

フェルゲッティーナのフランチャコルタには明確なスタイルがあります。それは ・純粋さ ・熟成美 ・繊細さ、上品さ 彼らが理想とするスタイルを実現するため、いくつもの信念を彼らは掲げ、実践しています。 通常のフランチャコルタ生産者はフランチャコルタを造る際、「白ワインとして完成されたもの」を選択しますが、フェルゲッティーナでは瓶内二次醗酵をする前にタンクを選別する際、酸度が高いものを選ぶ。長期熟成を経て、結果フェルゲッティーナの素晴らしい品質のフランチャコルタになるため。 通常のブリュットにしろ、門出のリキュールにしろ、ヴィンテージをまたいで醸造することは絶対行いません。 良いヴィンテージならどの生産者でもそれなりの品質のワインを造るが、悪いとされるヴィンテージでも本当においしいワインを造る。 とにかく自分達が納得できる上品、かつ繊細なワインを造る また、コストパフォーマンスに優れていることも彼らのワインを特徴付けています。 「他のフランチャコルタではヴィンテージものは高いのに、何故フェルゲッティーナはこんなにもリーズナブルなのか?」という質問に対して彼らは、 「私達が造る全てのフランチャコルタには区別がなく、どれも本当に良いものを目指して造っています。ブリュットもエクストラ・ブリュットも、キュヴェは違えども、収穫されるブドウのコストやボトルをはじめとした資材の価格、その他諸経費はどのワインも同じです。違うのは熟成にかかる保管コストだけなんです。」 こんなところにも正直さを隠さない。フェルゲッティーナのワインは、純粋な心を持った家族愛が詰まったフランチャコルタなのです。

アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ


贅沢極まりない選別・独自の熟成美

フェルゲッティーナのフランチャコルタの最大の特徴の1つ、「限りなく上品で繊細、澄み切った」味わい。これにもちゃんとした理由がありました。  まず、フェルゲッティーナではフランチャコルタに使用するブドウは、樹齢が10年以下の樹から収穫された房は使用しません。そして収穫されたブドウのうち、半分、つまり50%のブドウは、何と他の生産者に売却します。それだけに残されたブドウは高品質なものばかりになりますが、それにしても勿体無い…と感じます。  次に驚きなのが、圧搾。イタリアに2台しかないという「マルモニエ」という圧搾機を使用します。この圧搾機を使う利点は、優しくブドウを搾ることができ、実の嫌な部分を抽出することなく、きれいな果汁を搾れます。  しかしそれだけではありません。フェルゲッティーナで搾る果汁は、ブドウの僅か35%のみ!フランチャコルタの規定では65%まで搾ることが認められているのですが、こんな贅沢な搾り方は他で聞いたことがありません。搾った果汁の色は、他では見たことのないほどの透明感。既にワインのような輝きを持つ、本当にブドウの美味しい部分だけが閉じ込められた果汁です。搾り終わったブドウの実が、まだ丸いままで残されているところを見ると、本当に勿体無い・・・と感じてしまいます。  フェルゲッティーナでは最初に50%のブドウを売却していますから、結果として収穫されたブドウ全体から得られる果汁の量は、僅かに17.5%と、2割に満たないのです。  これがフェルゲッティーナの「純粋」な味わいの最大の武器でしょう。
●圧搾機「マルモニエ」 ・圧搾用の専門機器(イタリアでは2台のみ、もう1つはベッラヴィスタ) ・4回圧搾作業を行う(1回30分×4回) ・「マルモニエ」により、ブドウの35%のみを搾る(フランチャコルタの規定では65%まで使用可能) (大前提として、収穫したブドウの半分を他の生産者に売却するので、得られるモストは全収穫ブドウの17.5%のみ)
●醗酵 ・ステンレス・タンクを使用(7,500Lと16,500L) ・醗酵は畑ごとにタンクを分けて行う → タンクごとにどれが良いか判別できる ・16-18℃で7?10日間アルコール醗酵
●熟成 ・アルコール醗酵後、不純物を取り除き、そのままステンレス・タンクで収穫の翌年3月まで熟成
●選別 ・サテン、エクストラ・ブリュット等にするものを、タンクごとに試飲して決定
●時が育む、熟成というワイン美  搾り終えた果汁は各区画に分けて醗酵、個別で60回程醗酵が行われます。その後全てのタンクを試飲し、どの区画をどのワインにするか選別します。その時に重要になるのが「酸とミネラルの美しさ、そして持続性」だそうです。 その後は瓶内2次醗酵に移りますが、フェルゲッティーナのもう1つの魅力である熟成美がここから生まれます。 通常のブリュットでは、フランチャコルタの規定の18ヶ月に対し24ヶ月と長く、特にエクストラ・ブリュットに関しては、規定の36ヶ月に対し72ヶ月という、倍の年月を熟成させています。 これは単に長くしたのではなく、様々な熟成期間を試した上で、一番良い品質を見極めたそうです。しかし品質を追い求めるとはいえ、経営面のことを考えると、そのこだわりには脱帽します。
●瓶内二次醗酵・熟成 ・ブリュット  :24ヶ月以上熟成(規定では18ヶ月以上) ・サテン    :36ヶ月以上熟成(規定では30ヶ月以上) ・ロゼ     :36ヶ月以上熟成(規定では30ヶ月以上) ・エクストラ・ブリュット:72ヶ月以上熟成(規定では36ヶ月以上)  ※ ただし、本来、ブリュットはもっと熟成期間を長くしたいが、取引先からオーダーが日々入るため、それを許さない。将来的には36ヶ月程熟成を模索(すでにハーフとマグナムは36ヶ月熟成)。

 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






カンティーナ・サンタ・マッダレーナへはこちらから

ディ・レナルドへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。