クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
クリスチャン・ブルモー
Champagne Christian Bourmault

「クリスチャン・ブルモー」は2000年の初リリース以来、その非常に高い品質が評判を呼び、フランス国内でも入手困難、ドメーヌ在庫は常に完売状態という極少量生産の希少なR.M.(レコルタン・マニピュラン)シャンパーニュの生産者。 1870年から続くブドウ栽培家系ですが、現当主クリスチャンが相続した時の畑は、僅か1haでした。1981年にドメーヌを設立し、以来少しずつ畑を買い増やしていき、現在ではコート・デ・ブラン地区に4ha(シャルドネ)と、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区に2ha(ピノ・ノワールとピノ・ムニエ)の畑を所有しています。 ドメーヌとしての品質基準に満たないブドウや果汁は、ネゴシアンに販売してしまうため、ドメーヌの年間生産量は10,000〜15,000本程。クリスチャンと息子のアントニーの二人だけで運営しています。栽培方法は“リュット・レゾネ”になりますが、実際にはほとんど化学物質は使用していません。 『レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス』誌(2004年12月:4ッ星)を始め、国内外で大変高い評価を受けているドメーヌです。

【 グラン・テロージュの掲載コメント 】 グリーンのルフレ、個性的な香りと細かな泡だち。ノワゼットや、フレッシュハーブの香り。本当に確固としたキャラクターをもつスタイル、正確な醸造方法によりしっかりと表現されている、美しいテロワール・・・食事をされる前の、アペリティフに。 【 クリスチャン・ブルモーの掲載記事 】 彼のワイナリーは、アヴィズという、シャンパーニュのグラン・クリュに位置付けられている丘にあります。“ヴァレ・ド・ラ・マルヌ”と“コート・ド・ブラン”の間に、6ヘクタールの畑を所有。 クリスチャン・ブルモーは、樫樽醗酵・熟成させているスタイルです。『キュヴェ・エルマンス』は、ピノ・ムニエ、ピノ・ノワール、シャルドネのアサンブラージュで、コンフィのような香りの印象をもち、口あたりは非常に複雑性があります。 また、『グラン・テロージュ』はシャルドネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ100%で、非常に奥行き、丸み、若干スモーキーさも感じつつも、すばらしいフィネスをもつシャンパンです。

常に予約で完売するフランス国内でも
入手困難な 極少量生産のR.M.シャンパーニュ!

シャンパーニュ・クリスチャン・ブルモー

“大地のメッセージ”を届けるコート・デ・ブランの極めて小さなレコルタン

リリース以来その非常に高い品質が評判を呼び、フランス国内でも入手困難、ドメーヌ在庫は常に完売状態という極めて少量生産の小さなR.M.(レコルタン・マニピュラン)シャンパーニュ メゾンです。 もとは1870年に遡る栽培農家で、現在のオーナー、クリスチャン・ブルモー氏で5代目。ワイナリーはクリスチャンが最初の1ヘクタールを祖父の弟から購入して1981年に設立。続いて1982年には父ウィリアムから1.6ヘクタールの畑を相続し、共にワイナリーの運営に携わってきました。 この当時、本拠地は「キュイ」にありましたが(*)、1999年に一人息子のアントニーが加わったことをきっかけに、醸造施設を完全に備えた「アヴィズ」(現在のワイナリーの本拠地)に拠点を移しました。 *現在も彼の兄弟や親戚関係でワイナリーを営む人は、キュイに本拠地を置く 初めて造ったキュヴェは1982年ですが、現在の6ヘクタールまで所有畑を広げるまで、コマーシャルは一切しませんでした。

クオリティにかける物静かな紳士

父の仕事を手伝いながらシャンパーニュ造りを覚えたので、学校には通わず全て独学。剪定や植樹等のワイナリー運営にまつわる資格は全て取得しています。 シャンパーニュのオーナーに良く見られる高慢なタイプではなく(大手のグラン・メゾンに多い)、クリスチャンは冷静沈着で、堅実家。彼の情熱はシャンパーニュとピアノに向けられています。ピアノはかなりの腕前。
ドメーヌ・デュ・ヴィスー

シャンパーニュ・クリスチャン・ブルモー

大地からのメッセージ、「レットル・ア・テール」

クリスチャン自らラベルのデザインを行う。2008年に全てのアイテムに修正を加え、ラベルの形を統一。「自分の個性が伝わるような、自分らしいスタイルのラベル」ということで、数年間熟考の後、現在のラベルとキャップシール、ミュズレに変更しました。
●エクストラ・ブリュット 「レットル・ア・テール」とは?
直訳すると「大地からのメッセージ」。テロワールに敬意を込めたキュヴェ名です。エクストラ・ブリュットのようにドザージュをほとんど行わないシャンパーニュは、ワイン自体にしっかりとしたキャラクターとテロワールの特徴がでてくるので、それをキュヴェ名に取り入れました。 余談)当初の名前は「Terre et Cepage(大地とブドウ)」でしたが、これをコミュニティー・インターナショナル・シャンパーニュに提出したところ却下。理由は、あるワイナリーがこれに近いキュヴェ名前(「アントル・シエル・エ・テール/フランソワーズ・ベデル)を使用しているから。

テロワールの個性を活かす栽培

もともとリュット・レゾネ、リュット・アンテグレを行っていましたが、現在ではビオロジックを採用しています(認証無し)。クリスチャン氏がワイナリーを運営するようになってから、農薬の使用はせず、完全に有機肥料での栽培になりました。
シャンパーニュ・クリスチャン・ブルモー

シャンパーニュ・クリスチャン・ブルモー

樽醗酵・樽熟成

グラン・テロージュ、エルマンスともに樽醗酵の樽熟成というスタイルを採用し、ミレジムはマロ・ラクティック醗酵を行いません。(他のキュヴェは、基本的にマロ・ラクティック醗酵を行っています)




クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット
(クリスチャン・ブルモー )
Christian Bourmault Cuvee Hermance Brut

クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット

商品名クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット
メーカー名クリスチャン・ブルモー
ヴィンテージNV
生産国フランス
地 域シャンパーニュ
地 区
村 名
格付けA.O.C.シャンパーニュ
品 種ピノ・ノワール 60%/シャルドネ 30%/ピノ・ムニエ 10%
タイプ辛口・白 Sparkling
 飲み頃温度 6℃ ALC度数 12.30 %
熟 成熟成:オーク樽熟成 6ヶ月   瓶内熟成期間:24ヶ月
価 格
●.750ml \4.000(4.320円)

備 考■クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット(クリスチャン・ブルモー)■
わずか6ヘクタールの畑から年産1万5千本程という非常に小さなシャンパーニュの生産者。熟れたリンゴや砂糖漬けのレモン等を想わせる香りと柔らかく濃密なスタイルです。
(NV)平均年間生産量 8,000本 ALC度数 12.30 %
オーガニック等の情報 ビオロジック オーガニック認証機関 認証無





クリスチャン・ブルモー キュヴェ・レットル・ア・テール ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット
(クリスチャン・ブルモー )
Christian Bourmault Cuvee Lettre a Terre Extra Brut

クリスチャン・ブルモー キュヴェ・レットル・ア・テール ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット

商品名クリスチャン・ブルモー キュヴェ・レットル・ア・テール ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット
メーカー名クリスチャン・ブルモー
ヴィンテージNV
生産国フランス
地 域シャンパーニュ
地 区
村 名
格付けA.O.C.シャンパーニュ
品 種シャルドネ 100%
タイプ辛口・白 Sparkling
 飲み頃温度 6℃ ALC度数 13.00 %
熟 成醗酵:大樽にて醗酵、大樽にてマロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 7〜8ヶ月間
(220L、新樽は使用せず)
価 格
●.750ml \4.800(5.184円)

備 考■クリスチャン・ブルモー キュヴェ・レットル・ア・テール ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット(クリスチャン・ブルモー)■
テロワールの個性を表現する為に、敢えてドザージュを抑えたキュヴェ。オーク樽醗酵・オーク樽熟成により奥行きと丸みのある上質な白ワインのようなスタイルです。
(NV)平均年間生産量 7,000本 ALC度数 13.00 %
オーガニック等の情報 ビオロジック オーガニック認証機関 認証無





55ボーモンへはこちらから

53タボルデへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。