シャトー・デレスラ
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
シャトー・デレスラ
Chateau Dereszla

名門ドラン家により見事復活を遂げたワイナリー

シャトー・デレスラ

■ワイナリーの歴史はハンガリーの歴史そのもの

トカイ地方におけるシャトー・デレスラの歴史はあまりにも古く、遡ればハンガリーの歴史そのものを振り返ることができます。 最初に記録に登場するのは15世紀初頭。ハンガリー国王ジグモンドへ、農民から税金として納められたワインリストに その名が記されています。15世紀半ばワイナリーは国王の所有となり、その後オーストリア帝国のハプスブルク家に所有権が移ります。 その後は19世紀の独立戦争まで、何度かハンガリーの上級貴族の手を経ることとなりました。

■名門ドラン家により復活

共産時代に品質が低下し、民主化後、完全に見捨てられていたワイナリーのポテンシャルを見抜き復活させたのが、 かつてシャンパーニュでパイパー・エドシックを率いた名門ドラン家。エドシックを成功に導いた後、 目立った動きを控えていたドラン家が、2005年、新たなプロジェクトとしてデレスラを選びました。 品質の向上と効率化を目指して、5か所に分かれていたセラーを一か所に集め、最新技術を備えた醸造設備を導入。 2年の歳月をかけて現在のセラーを完成させました。ワイナリーの技術向上は、2008年以降現在まで EUとハンガリーの共同プロジェクトの一環としても継続されています。 15世紀当時の圧搾小屋やエントランスが残るのもこのワイナリーの魅力の一つ。




トカイ・フルミント・ドライ白
(シャトー・デレスラ)
Tokaji Furmint Dry White

トカイ・フルミント・ドライ白

商品名トカイ・フルミント・ドライ白 L1649434
メーカー名シャトー・デレスラ
ヴィンテージ2016
生産国ハンガリー
地 域トカイ・ヘジアリャ
地 区
村 名
格付けD.H.C.トカイ
品 種フルミント 85%/シャルガ・ムシュコタイ 15%
タイプ辛口・白
飲み頃温度 10℃ ALC度数 12.50 %
熟 成醗酵:ステンレス・タンク
価 格
●.750ml \1.040(1.123円)

備 考トカイ・フルミント・ドライ白(シャトー・デレスラ)
■ハンガリーの代表的品種「フルミント」から造られる辛口白ワイン。きれいな酸と柔らかな口当たりで非常にバランスが良い。
(2013)平均年間生産量 90,000本 ALC度数 12.50 %
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ






トカイ・セミ・ドライ白
(シャトー・デレスラ)
Tokaji Semi-Dry White

トカイ・セミ・ドライ白

商品名トカイ・セミ・ドライ白 L1649145
メーカー名シャトー・デレスラ
ヴィンテージ2016
生産国ハンガリー
地 域トカイ・ヘジアリャ
地 区
村 名
格付けD.H.C.トカイ
品 種フルミント 87%/シャルガ・ムシュコタイ 13%
タイプやや甘口・白
飲み頃温度 10℃ ALC度数 12.50 %
熟 成醗酵:ステンレス・タンク
価 格
●.750ml \1.200(1.296円)

備 考トカイ・セミ・ドライ白白(シャトー・デレスラ)
■ハンガリーの地元的品種から造られるセミドライの白ワイン。 柔らかな口当たりとほのかな甘味のバランスがとても良い。
(2013)平均年間生産量 90,000本 ALC度数 12.50 %
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ



■自然とワインを愛する醸造家

もともと生物学者だったエデッィト・バーイ氏。自然とワインを愛する彼女は、研究者として生物学に向き合うことだけでは満たされず、 やがてワイン造りの“科学”に魅せられるようになります。そして2002年、何かに背中を押されるようにブダペスト大学の醸造学部に入り、 醸造とブドウ栽培を修めました。 デレスラで醸造家となるまでは、アルゼンチンのアルタ・ビスタを始め、フランスのジュラ地方のドメーヌ・ロレ、 シャンパーニュのテタンジェなどで修業を積んでいます。 バーイ氏は、自然、気候、土壌、伝統と新しい技術を活かした、テロワールワインを造ることを目指しています。

テロワールを写し取る

自然、気候、土壌、それらを伝統と新しい技術を使いワインに写し取ることで、ユニークなワインを造ることを理想としています。
醸造家 エディット・バーイ氏

■美しい景色がワイナリー名に!

シャトー・デレスラという名前は、「デレスラの丘」と呼ばれる丘陵地に由来します。 古くからあるワイナリーの地下セラーはこのデレスラの丘の下に掘られており、 また丘陵地のブドウ畑も「デレスラ」と呼ばれています。この丘からワイナリーの全てが始まったのです。
デレスラの丘

美しい畑

■自然を尊重した栽培を実践

畑では伝統的な農法を行い、化学物質の使用は最小限にとどめています。 また、労働者として社会的弱者の雇用にも努めています。

■二つの川が育むミクロクリマ

トカイのワイン産地は、夏は暑く冬は非常に寒い大陸性気候です。 さらに産地を流れるティサ川とボドログ川により、ミクロクリマが発生します。 秋から冬にかけては朝方濃い霧が発生し、この霧が川から丘陵地を上へと登っていくことで、 アスーを造るために不可欠な貴腐菌の発生を促します。
ボドログ川の様子

火山性土壌

■非常に複雑な土壌

自社畑が全体の70%、契約畑が30%からなる畑の土壌は、火山性が主体で非常に複雑です。

■自社畑の区画と土壌:
TELEKI(レス土壌)、NAPOS(Riolittuff土壌)、VARHEGY(安山岩、凝灰岩、褐色粘土) PECSI(褐色森林土壌)、SZEGI(Riolittuff土壌、沸石)ZSADANY(非固結岩)

■契約畑の区画と土壌:
ZAFIR(レス土壌)

■果汁にこだわる

醸造においては、添加物を使用しません。 また、圧搾はブドウの自重でゆっくりと果汁を搾り取ります。 こうすることで上質な果汁が得られ、ワインの質を上げることができるのです。 ワイナリーでは再生可能エネルギーを使う努力もしています(約10%)。
圧搾

 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






シャトー・グリヴィエールへはこちらから

スターク・コンデ・ワインズへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。