スパイス・ルート・ワイナリー スパイス・ルート シュナン・ブラン
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
スパイス・ルート・ワイナリー
Spice Route Winery

フェアヴューを人気面でも商業面でも南アフリカ屈指の名門ワイナリーへと確立させた重鎮、チャールズ・バック氏の飽くなき探究心が実現させた究極のブランド。  南アフリカで長年に渡りワイン生産地域を制限していた法律規定が90年代年前半に緩和。これを機に、南アフリカワイン産地のポテンシャルに早くから目を付けていたチャールズは、自身が相続したステレンボッシュの畑には無い新しいスタイルのワイン“地中海性気候を豊かに表現する赤ワイン”を産み出すべく新たなチャレンジに挑みました。  様々な研究の結果、ケープ西部の新興ワイン産地の一つ『スウォートランド』に位置するマームズベリに140haの農園を購入。   栽培するブドウ品種は区画により厳選。 ワイヤーにつながれていないブッシュ・ヴァイン(低木)を生かした栽培を取り入れ、乾燥した気候下で灌漑を行うことなく極限まで収量を落とし高い品質を求めました。そして、これまでのケープには無い、大地のテロワールが存分に現われた、複雑で風味豊かなローヌ品種の栽培に成功しました。   こうして産み出されたワインはファーストヴィンテージから国内外で高い評価と賛美を浴び南アフリカ産ローヌ品種のトップブランドとして表舞台に登場しました。

チャールズは言います「求めるスタイルや品質を追求するには、エステート(自社所有の畑や所有地)でのみのブドウ栽培では不可能だ。このエステートというコンセプトから抜け出したかった」と。  彼にとっては、有名なワインの産地名よりも、ブドウ品種の性格を最大限に引き出してくれる最高のテロワールに拘ったブドウ栽培が重要だったのです。  醸造施設も、ステレンボッシュにあるメインの大規模な醸造所とは異なりタバコの乾燥小屋であった小屋を改装。小さな施設ではありますが、目の行き届く環境で少量生産にこだわりプレミアムワインを産み出しています。

巨匠チャールス・バック氏の情熱をかけたワイン。

スパイス・ルート・ワイナリー

重鎮、チャールズ・バック氏の飽くなき探究心

スパイス・ルートは南アフリカ屈指の名門ワイナリーを確立させた重鎮、チャールズ・バック氏の飽くなき探究心が実現させた究極のブランドです。南アで長年に渡りワイン生産地域を制限していた法律が90年代年前半に緩和。これを機に、南アワイン産地のポテンシャルに早くから目を付けていたチャールズは、自身が相続したステレンボッシュの畑には無い新しいスタイルのワイン“地中海性気候を豊かに表現する赤ワイン”を産み出すべく新たなチャレンジに挑みスパイスルートプロジェクトを始動させました。

極限の環境で産まれる究極のローヌブレンド

1997年に誕生し、数年で南アフリカトップブランドにまで登りつめた南アフリカ産ローヌ品種の最高峰の一つスパイス・ルート・ワイナリー。 砂漠のような乾燥した気候を持つスウォートランド地区、マームスベリーの地で灌漑を一切行わず限界まで収量を落とし南アフリカにしかないテロワールを表現させた究極のワインを産み出します。
スパイス・ルート・ワイナリー

スパイス・ルート・ワイナリー

砂漠のような大地で灌漑を行わず育てる究極の栽培方

栽培するブドウ品種は区画により厳選。 低木を生かした栽培を取り入れ、乾燥した気候下で灌漑を行うことなく極限まで収量を落とし高い品質を求めました。 そして、これまでに無い、大地のテロワールが存分に現われた複雑で風味豊かなワイン造りに 成功しました。小さな施設ではありますが目の行き届く環境で少量生産にこだわりプレミアムワインを産み出しファーストヴィンテージから高い評価と賛美を浴び南ア産ローヌ品種のトップブランドとして表舞台に登場しました。

スパイスルートの名前に込めた思い

15世紀、香辛料の道と呼ばれた航路、「スパイス・ルート」を辿り「ケープ・ストーム」と称された激しく吹き荒れる波に勇敢に立ち向かい東方の香辛料を西洋に持ち帰り商業に精を出した船乗りたちがいました。スパース・ルート畑から仰ぐ景色は、過ぎし日の船乗り達がケープ半島を越える姿を想像させてくれます。スウォートランドでのブドウ栽培のポテンシャルを見出し、新たな冒険に出たチャールズは自身の未知なる挑戦となったブランドを、この船乗りたちの航海と重ね合わせ『スパイス・ルート』と名付けました。
スパイス・ルート・ワイナリー




スパイス・ルート シュナン・ブラン
(スパイス・ルート・ワイナリー)
Spice Route Chenin Blanc

スパイス・ルート シュナン・ブラン(スパイス・ルート・ワイナリー)

商品名スパイス・ルート シュナン・ブラン
メーカー名スパイス・ルート・ワイナリー
ヴィンテージ2015
生産国南アフリカ
地 域コースタル・リージョン
地 区
村 名
格付けW.O.コースタル・リージョン
品 種シュナン・ブラン 100%
タイプ辛口・ 白 飲み頃温度 8℃ ALC度数 14.50 %
熟 成醗酵槽:フレンチオーク樽(旧樽)、
MLF 熟成:フレンチオーク樽 11ヶ月(新樽7%)
価 格
●.750ml \1.800(1.944円)

備 考スパイス・ルート シュナン・ブラン(スパイス・ルート・ワイナリー)
■フレッシュなメロンやスパイシーなピーチ、りんごのアロマが幾層にも広がる。フレッシュな果実味とバックボーンとなって複雑味を出すほのかなオーク香。綺麗な酸。
(2011)平均年間生産量 12,000本 ALC度数 14.50 %







スパイス・ルート ムールヴェードル
(スパイス・ルート・ワイナリー)
Spice Route Mourvedre

スパイス・ルート ムールヴェードル(スパイス・ルート・ワイナリー)

商品名スパイス・ルート ムールヴェードル
メーカー名スパイス・ルート・ワイナリー
ヴィンテージ2014
生産国南アフリカ
地 域コースタル・リージョン
地 区
村 名
格付けW.O.スウォートランド
品 種ムールヴェードル 100%
タイプ辛口・ 赤 ミディアムボディ 飲み頃温度 15℃
ALC度数 14.75 %
熟 成醗酵槽:ステンレスタンク熟成:フレンチ
&アメリカンオーク樽 14ヶ月(新樽10%)
価 格
●.750ml \1.880(2.030円)

備 考スパイス・ルート ムールヴェードル(スパイス・ルート・ワイナリー)
■木苺、チェリー、スミレ、シナモン、胡椒のアロマ。チャーミングな果実味は絹のようなタンニンと共に心地良く広がる。食事との合性抜群なすっきりとしたフィニッシュ。
(2008)平均年間生産量 24,000本 ALC度数 14.75 %







スパイス・ルート チャカラカ
(スパイス・ルート・ワイナリー)
Spice Route Chakalaka

スパイス・ルート チャカラカ(スパイス・ルート・ワイナリー)

商品名スパイス・ルート チャカラカ
メーカー名スパイス・ルート・ワイナリー
ヴィンテージ2014
生産国南アフリカ
地 域コースタル・リージョン
地 区
村 名
格付けW.O.スウォートランド
品 種シラー 37%/ ムールヴェードル 21%/ カリニャン 18%/ プティシラー 10%
/ グルナッシュ 10%/ タナ 4%
タイプ辛口・ 赤 フルボディ 飲み頃温度 16℃ ALC度数 14.77 %
熟 成
価 格
●.750ml \2.480(2.678円)

備 考スパイス・ルート チャカラカ(スパイス・ルート・ワイナリー)
■完熟した色の濃い果実のアロマとクローブ香。フルからミドルボディーで熟したスパイシーなベリーやプラムのフレーバーとほのかなオーク香がバランスよくまとまる。
(2008)平均年間生産量 本 ALC度数 14.77 %




 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






シャトー・グリヴィエールへはこちらから

スターク・コンデ・ワインズへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。