カレドニア・オーストラリス カレドニア シャルドネ
初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
カレドニア・オーストラリス
Caledonia Australis Vineyard


オーストラリア大陸最南端・ヴィクトリア州のサブ・リジョン、ギップスランド南部の冷涼な地域、レーオンガサに位置する醸造所。この地はピノ・ノワールとシャルドネに適した産地として、近年に入り急速に多くの造り手が畑を構えるようになった注目の地域です。 蔵の設立は1995年(初ヴィンテージは2000年)。メルボルンのワイン愛好家が、ブルゴーニュを彷彿とさせる繊細で奥行きのある味わいのワインを造るべく、この地でワイナリーをスタート。設立当初からこの地のテロワールが最も表現できるピノ・ノワールとシャルドネだけに拘り、ワイン造りに取り組んできました。 醸造は、オーストラリアの冷涼な気候でワイン造りを行う第一人者、『マスター・オブ・ワイン』(ロンドン)のマーティン・ウイリアム氏が担当。ブドウは丹精込めて一つ一つを手作業で栽培・収穫、醸造面においても丁寧に手作業でピジャーシュを行うなど、惜しみない努力でワイン造りを行ってきました。この拘りによって、カレドニア・オーストラリスの最大の特徴である“レーオンガサのテロワール”が現れたワインが産み出されてきたのです。 生産量は少ないものの、『オーストラリアン・ワイン・コンパニオン』(J.ハリデー著)では最高評価の5星を3年連続で受賞。また、これまでに同様の有力紙でも高い評価を獲得してきました。 畑は名門『バス・フィリップ』社の畑にも近く、非常によく似た環境を持ちます。カレドニア・オーストラリスでは、赤土で水はけが良く、豊富な鉄分を含む小石が混じった土壌で東から北東に面した畑を厳選し、現在3つの畑を所有しています。 ・土壌 : 肥沃な赤い火山性玄武岩が   深い粘土性ローム層の上に広がる   ≪カルシュウムと窒素に富む≫ ・平均樹齢 : 約13年 ・株密度 : 4500-5000/ha(シングルコルドン) ・畑の面積 : 14ha ・単位収量 : 50ha/ha ・海抜 : 110m ・気候 : 冷涼な海洋性気候   (夏の平均気温18.7度、日夜の寒暖差12.8度) ・平均降水量 : 約1000mm ・日照時間 : 1350時間 【 醸造家:マーティン・ウイリアム氏 】 (写真右下)  カリフォルニア大学ディヴィス校にて醸造学を専攻。フランスでは、『ドメーヌ・トロ・ボー』、『ドメーヌ・ド・ラ・プス・ドール』、『ドメーヌ・アンヌ・グロ』等で経験を積む。1999年、ロンドンの「マスター・オブ・ワイン」に合格。2008年、その功績とプロフェッショナリズムが評価され「シャンパーニュ大使」を受賞!




カレドニア シャルドネ
(カレドニア・オーストラリス)
Caledonia Chardonnay

カレドニア シャルドネ(カレドニア・オーストラリス)

商品名カレドニア シャルドネ
メーカー名カレドニア・オーストラリス
ヴィンテージ2014
生産国オーストラリア
地 域ヴィクトリア
地 区ギップスランド
村 名
格付け
品 種シャルドネ 100%
タイプ辛口・白 飲み頃温度 10℃ ALC度数 12.30 %
熟 成発酵:2%新樽(天然酵母)、75%旧樽。
MLF無し熟成:225-900Lのフレンチオーク樽 20ヶ月
 (新樽25%)
価 格
●.750ml \2.400(2.592円)

備 考■マルメロやイチジクを想わせるアロマに、ほんのりと現れるハーズルナッツやカシューナッツ香が広がる。クリーミーな口当たりでクリーンな酸が特徴。バランス感抜群のシャルドネです。
コンクール入賞歴 (2010)サクラ・アワード 2014 銀賞
海外ワイン専門誌評価歴 (2010)ジェームス・ハリデー ワイン・コンパニオン 94点





カレドニア ピノ・ノワール
(カレドニア・オーストラリス)
Caledonia Chardonnay

カレドニア ピノ・ノワール(カレドニア・オーストラリス)

商品名カレドニア ピノ・ノワール
メーカー名カレドニア・オーストラリス
ヴィンテージ2015
生産国オーストラリア
地 域ヴィクトリア
地 区ギップスランド
村 名
格付け
品 種ピノ・ノワール 100%
タイプ辛口・赤 飲み頃温度 16℃ ALC度数 12.80 %
熟 成醗酵: コールドソーキング後小さめのタンクにて醗酵
熟成: フレンチオーク樽20ヶ月(新樽比率15%)
価 格
●.750ml \2.360(2.549円)

備 考■ストロベリーやクランベリー、赤系ベリーのアロマ。埃っぽさや、キノコ等カも持つ。ほんのりハーブも感じ、口当たりは滑らかで非常に軽快。革製品等も香りも上がる複雑なフレーバー。
(2012)平均年間生産量 12,000本 ALC度数 12.80 %
コンクール入賞歴 (2006)ギップスランド・ワインショー2009 金賞、(2006)ジャパン・ワイン・チャレンジ2008 銅賞、(2005)ギップスランド・ワインショー2008 白ワイン部門金賞、シャルドネ部門金賞





マウント・マクラウド ピノ・ノワール
(カレドニア・オーストラリス)
Mount Macleod Pinot Noir

マウント・マクラウド ピノ・ノワール(カレドニア・オーストラリス)

商品名マウント・マクラウド ピノ・ノワール
メーカー名カレドニア・オーストラリス
ヴィンテージ2016
生産国オーストラリア
地 域ヴィクトリア
地 区ギップスランド
村 名
格付け
品 種ピノ・ノワール 100%
タイプ辛口・赤 飲み頃温度 15℃ ALC度数 13.80 %
熟 成醗酵槽;上蓋開きのステンレスタンク熟成
:フレンチバリック 10ヶ月(新樽5%、228Lと800L)
価 格
●.750ml \1.760(1.901円)

備 考■ストロベリーやラズベリーのアロマティックな香りにハーブやスパイス、大黄香、森林の香りがヒントとなって現われます。イキイキとした果実味と優しいタンニン。
(2013)平均年間生産量 13,000本 ALC度数 13.80 %
(2012)平均年間生産量 13,000本 ALC度数 12.90 %
(2006)平均年間生産量 2,832本 ALC度数 12.40 %
コンクール入賞歴 (2012)サクラ・アワード 2014 ダブル金賞




ブルゴーニュ品種にとって最適な環境

海洋性の影響と火山灰土壌が独特のテロワールを形成しピノ・ノワールとシャルドネにとって最適な環境を産み出すギップスランド。

オーストラリアの中のブルゴーニュ。

オーストラリア大陸最南端・ヴィクトリア州南部の冷涼な地域に位置する醸造所。この地はピノ・ノワールとシャルドネに適した産地として近年注目を集めています。 蔵の設立は1995年(初ヴィンテージは2000年)。メルボルンのワイン愛好家がブルゴーニュを彷彿とさせる繊細で奥行きのある味わいのワインを造るべく、この地でワイナリーをスタートさせました。

オーストラリアを代表する醸造家、マスター・オブ・ワイン手がける渾身のブランド。

醸造は、オーストラリアの冷涼な気候でワイン造りを行う第一人者、『マスター・オブ・ワイン』のマーティン・ウイリアム氏が担当。本場、ドメーヌ・トロボーやアンヌ・グロ、アンリジャイエで経験を積み、現在ではマスター・オブ・ワイン(オーストラリア)で教壇にも立つ類まれなる才能・経験・知識を持つオーストラリアを代表する醸造家です。

手作業で丹精こめて産み出すワイン

ブドウは丹精込めて一つ一つを手作業で栽培・収穫、醸造面においても丁寧に手作業でも同じく惜しみない努力でワイン造りを行ってきました。この結果生産量は少ないですがプレミアムワインの造り手として『オーストラリアン・ワイン・コンパニオン』(J.ハリデー著)では最高評価の5星を3年連続で受賞。また、これまでに同様の有力紙でも高い評価を獲得してきました。

 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






ブルー・ピレニーズへはこちらから

ウィランガ・ワンハンドレッドへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。