ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール 初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール
Muse de La Faviere


「スペリュール・クラスで格付に匹敵するワインを!」


音楽とワイン、そして自然を軸に紡ぎだす“新時代”ボルドー 元グリュオー・ラローズ醸造長がコンサルタントをつとめる 高品質なワインに注目!!


200年以上の歴史あるシャトーに、新しい息吹を!

1750年代、とあるボルドーの名士が、リュサック・サンテミリオンの北にあるサン=スラン=シュル=リスルに、小さなワイナリーを建設しました。それがのちのシャトー・ラ・ファヴィエールです。 シャトー・ラ・ファヴィエールを語る上で重要なキーワードは「音楽」です。 音楽は当時、彼らにとって生活の多くを占める大切なものでした。シャトーに備わっている音楽サロンは素晴らしく、その評判は村中の人が知るほどでした。シャトーの中は音楽に満ち溢れ、ヴェルサイユ宮殿に献上された舞踊曲を奏でるハープシコードの音色が聞こえていました。 19世紀の終わり頃、シャトーはソスタル家に買い取られ、家族経営シャトーとなりました。シャトーは改築され、畑は引き継がれました。ワイン造りが継承される傍らにも、常に音楽は在りました。この当時の音楽は、ロシア音楽に大きな影響を受けていたと言います。2009年まで、ラ・ファヴィエールはずっと家族経営を続けていました。(ちなみにこのソスタル家、Smurfit Kappaという欧州でも有名な紙製包装容器のメーカーの前身の創業家でもあります) 2010年、現オーナーであるスタニスラス・ジンジェレンコとナタリアがシャトーを訪れ、その自然に囲まれた美しさと、ファヴィエールと音楽の強い結びつきにすっかり魅了されました。その年の11月にシャトーを購入、オーナーとなりました。 音楽を愛するスタニスラスらにとって、ワイン造りというのはテロワールとの最も強い結びつきであり、そして魔法だと語ります。ワイン造り、ラベルデザイン、そしてシャトーで行われるイベントに至るまで、全ての情熱の源泉には音楽があるのです。彼らは少しずつ畑の改善を行い、シャトーの改築を行ってきました。シャトーの中には音楽室や、ナタリアのためのピアノも設置されています。 現在、スタニスラスとナタリアは「音楽に満たされたシャトー」の復活に情熱を捧げています。そのために、優秀な醸造家であるジョルジュ・ポリ氏をシャトーに招きました。彼は20年にもわたって、メドックの格付シャトーであるシャトー・グリュオー・ラローズの醸造家を務めてきた素晴らしい経歴の持ち主です。コンサルタントとはいえ、週に2日以上ファヴィエールの畑に足を運ぶほど、ファヴィエールとは深く関わっており、醸造家のクリストフ・ブドゥエ氏とともに、ワイン造りに携わっています。 スタニスラスとナタリアの情熱は、ワイン、音楽に留まらず、ラ・ファヴィエールの土地にも注がれます。「ワインと音楽は普遍の言語であり、素晴らしいひと時を私たちに与えてくれる」と言います。スタニスラスらがオーナーになってからシャトーとその敷地内は一般に公開されています。ラ・ファヴィエールでは近い将来、ジャズや世界の音楽に溢れた宴を催したり、ゲストハウスを建設するなどを予定しています。 他のワイナリーとは一味違う新しい世界観を生み出しているラ・ファヴィエール。
銘醸グリュオー・ラローズの元醸造長が参加!

若きオーナー、ジンジェレンコ夫妻の情熱を形に仕上げるのは、著名な醸造家でありコンサルタントであるジョルジュ・ポリ氏です。スタニスラスがオーナーとなった2010年に一緒にシャトー・ラ・ファヴィエールに加わった彼は、格付2級のシャトー・グリュオー・ラローズで20年間醸造に携わり、醸造長も勤めた敏腕醸造家です。週に2日はファヴィエールの畑に足を運び、積極的にシャトーに参加しています。
唯一無二のボルドー・スペリュール

ワイナリーの、唯一にしてとてもシンプルな哲学があります。「銘醸と呼ばれるシャトーたちと同じ手法を用いることで、銘醸シャトーに匹敵する、そして他にはない唯一無二のボルドー・スペリュールを造ること」。ブドウの厳しい選別や、発酵における樽の扱い方などは、全てこの目的につながっていると言えます。 ワイン醸造のプロセスにおいて、一つの決まったやり方というのを設けていません。全てのタンク、全ての樽、あるいは全ての区画において、それぞれの特徴や品質に合わせて手法を変えています。




ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール(ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール)
Muse de La Faviere

ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール

商品名ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール
メーカー名ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール
ヴィンテージ2012
生産国フランス
地 域ボルドー
地 区
村 名
原産地呼称A.O.C.ボルドー・スペリュール
品 種メルロー 60%/カベルネ・ソーヴィニヨン 30%/カベルネ・フラン 10%
タイプ辛口・赤・フルボディ
 飲み頃温度 17℃ ALC度数 14.17 %
熟 成発酵:コールド・マセレーションの後コンクリートタンクにて
アルコール発酵、さらにフレンチオーク樽にてMLF
熟成:フレンチオーク樽にて6ヶ月間熟成
価 格
●.750ml \1.480(1.598円)

備 考■ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール■
リュサック・サンテミリオンの北に位置する18世紀から続くシャトー。グリュオー・ラローズの元醸造長がコンサルを手がける。フローラルで新鮮な心地よい果実のアロマが広がる。
平均年間生産量 40,000本
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ
コンクール入賞歴(2010)ボルドー・アキテーヌ・ワインコンクール 2014 金賞 / ジルベール&ガイヤール 2013 金賞





シャトー・ラ・ファヴィエール(ミュゼ・ド・ラ・ファヴィエール)
Chateau La Faviere

シャトー・ラ・ファヴィエール

商品名シャトー・ラ・ファヴィエール
メーカー名シャトー・ラ・ファヴィエール
ヴィンテージ2011
生産国フランス
地 域ボルドー
地 区
村 名
原産地呼称A.O.C.ボルドー・スペリュール
品 種メルロー 60%/カベルネ・ソーヴィニヨン 30%/カベルネ・フラン 10%
タイプ辛口・赤・フルボディ
 飲み頃温度 17℃ ALC度数 14.43 %
熟 成発酵:コールド・マセレーションの後コンクリートタンクにて
アルコール発酵、さらにフレンチオーク樽にてMLF
熟成:フレンチオーク樽にて12ヶ月間熟成
(225Lと500L、新樽比率35%)
価 格
●.750ml \2.080(2.246円)

備 考■シャトー・ラ・ファヴィエール■
リュサック・サンテミリオンの北に位置する18世紀から続くシャトー。グリュオー・ラローズの元醸造長がコンサルを手がける。スパイス、ロースト香、凝縮した黒果実のアロマが豊か。
平均年間生産量 40,000本
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ
コンクール入賞歴ジルベール&ガイヤール2013金賞



サン・テミリオンと地続きの土壌

シャトー・ラ・ファヴィエールの敷地は、大きく分けて4つに分かれています。シャトー、セラー、最も重要な19ヘクタールのブドウ畑、そしてそれら全てを取り囲む、42ヘクタールの広大な森林です。畑にはメルローが60%、カベルネ・フランが30%、カベルネ・ソーヴィニヨンが10%植えられています。最近、少しだけマルベックを試験的に植えました。 土壌はサン・テミリオンの石灰質土壌から地続きとなっています。土壌の構成は主に粘土石灰質ですが、一部区画はシリカを含んだ砂利質土壌となっています。素晴らしく水はけがよく、またサン・テミリオンよりも高度が高いことが、品質向上に大きく寄与しています。
自然との調和の中でおのずと形作られるワイン造り

シャトー・ラ・ファヴィエールでは自然に優しいブドウ栽培に取り組んでいます。もともとサンクトペテルブルグの都会育ちだったスタニスラスにとって、自然を愛し、自然に囲まれた生活をすることがずっと夢でした。「自然と向き合い、そして農業を営んでいくことこそが私の務めだ」と語るスタニスラスにとって、自然と共生するラ・ファヴィエールのスタイルこそ、彼の求めたものだったに違いありません。
自然との調和の中でおのずと形作られるワイン造り

シャトー・ラ・ファヴィエールでは自然に優しいブドウ栽培に取り組んでいます。もともとサンクトペテルブルグの都会育ちだったスタニスラスにとって、自然を愛し、自然に囲まれた生活をすることがずっと夢でした。「自然と向き合い、そして農業を営んでいくことこそが私の務めだ」と語るスタニスラスにとって、自然と共生するラ・ファヴィエールのスタイルこそ、彼の求めたものだったに違いありません。
より品質を高めるために。

ブドウの選別は、ファヴィエールが大切にしていることの一つです。 スタニスラスがオーナーとなって初となる、ブドウ栽培の最初から最後までを見た2011ヴィンテージでは、品質を高めるため前年より20?30%も収量を落としています。
そのこだわりは発酵段階から。

スタニスラスらがオーナーになってから、ラ・ファヴィエールでのワイン造りは大きく変わりました。 それまでも畑の管理はよく行き届いていましたが、醸造に関してはとてもシンプルなものであり、オーク樽は一切使われていませんでした。彼らが醸造から携わるようになった2010ヴィンテージからは、トップキュヴェである「アンテグラル」とシャトー・ラ・ファヴィエールの一部では、「Integrated vinification」と名付けられた手法で発酵が行われています。 インテグレイテッド・ヴィニフィケーションの流れを以下に説明します。 収穫したブドウは72時間のコールド・マセレーションを経て、ステンレスやコンクリートのタンクに入れることなく、そのまま500リットルのオーク樽に入れられます。発酵中は温度が上がらないようドライアイスで常に冷却され、またコンピュータにより完璧に温度管理を行います。この樽は回転させることができ、アルコール発酵中は1日に6回、回転させます。このため必要以上にルモンタージュをする必要がなく、ワインは極めてクリーンな状態で発酵を進めることができるのです(アロマと色調を最大限に引き出すため、必要に応じてルモンタージュを行います)。アルコール発酵の後、250リットルの樽でマロラクティック発酵を行います。 また、より品質を高めるため、セカンドワイン「ミュゼ」を新たに作るようになりました。そしてラベルをリニューアルし、より明確なブランディングが出来るようにしました。





 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






シャトー・ロック・モリアックへはこちらから

シャトー・ラグラーヴ・パランへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。