シャトー・ラグラーヴ・パラン 初めての方 カゴの中身 日本酒 焼 酎 ワイン お買い物の説明 特定商取引法表記

ワインのコーナー
シャトー・ラグラーヴ・パラン
Chateau Lagrave Paran


たった一人、わずか5haの畑で造る“超”こだわり派シャトー!


『最高のワインは最高のブドウから』をモットーに 完熟した果実味とエレガントな味わいが完璧に調和したワインを 造る職人のワイナリー!


アントル・ドゥ・メールの地で三代続いたシャトー

シャトーの始まりは1930年、現オーナーのピエール・ラフォン氏の祖父母が自宅兼セラーと、わずか2ヘクタールの畑を購入したことです。その後、ラフォン家によって少しずつブドウ畑を増やしていき、1955年にピエールの両親がシャトーを引き継いだときには、畑は18ヘクタールまで拡大していました。当時はバルク売りが主でした。 ピエールが両親からシャトーと畑を引き継いだ後、「高品質で自分が納得のいくワインを造りたい!」と決心したピエールは、良い畑を厳選、18ヘクタールあった畑を黒ブドウ用に4.5ヘクタール、白ブドウ用に1.5ヘクタールだけ残し、僅か6ヘクタールまで減らしました。 そして現在は「納得がいかなかったから」とさらに畑を減らし、黒ブドウ用は3.5ヘクタールのみとなっています。
日当たりのよい南向きの畑

シャトーはガロンヌ河を挟んでちょうどソーテルヌの対岸にあたる場所に位置しています。やや勾配の強い、開けた丘陵地。しかも南向きの日当たりの良い斜面に畑があり、斜面の一番上にシャトーがあります。 ボルドーでもかなり温暖なエリアにあたり、生育期はほとんど雨が降りません。
飽くなき向上心と、日々の努力を惜しまないラフォン氏

寡黙で穏やか、優しいまなざし。そして彼の厚ぼったくてあたたかい大きな手は、まさに土とともに生きる人のそれでした。 シャトー・ラグラーヴ・パランでは、収穫を除く全ての作業をピエール・ラフォン氏一人で行います。つまり、オーナーであり栽培責任者でありエノロジストでもあるというマルチプレイヤーなのですが、実はワイン造りを引き継ぐまでは大学の数学教師として教鞭をふるっていたという面白い経歴を持っています。 ワイナリーで生まれ育った彼にとって、ブドウ栽培やワイン造りは幼い頃からとても身近な存在でした。両親のワイン造りの手伝いなどもしていましたが、当時は瓶詰したものを販売するのではなく、バルク販売をしていたので、今とは全く違うスタイルでした。 ピエールが両親からシャトーを引き継いだのは2000年。もともとワイン造りに興味を持っていたピエールですが、サン・テステフにある銘醸ワイナリー、シャトー・オー・マルビュゼを飲んで感銘を受け、「こんなワインを自分でも造りたい!」とワインの世界に入ることを決意しました。 栽培や醸造の勉強は学校ではなく、両親や周りの人たち、そして自身が感銘を受けたワイナリーたちが先生でした。ピエールがワインの世界に入るきっかけとなったオー・マルビュゼやサン・テミリオンのトップシャトーであるシュヴァル・ブランなど、ピエールが「こんなワインを目指したい!」と思ったシャトーを片っ端から訪れては、実際に醸造家や栽培者と話をしてワイン造りを教えてもらいました。 そんな彼の情熱が実を結び、ワインの品質は年々向上。ヴィンテージの良し悪しに左右されない、安定したワイン造りをしています。 面白いエピソードがあります。ピエールが教えを乞うたオー・マルビュゼのアンリ・デュボスク氏が、逆にラグラーヴ・パランの味をとても気に入り、ワインを買いに来るようになったそうです。またシュヴァル・ブランとも懇意となり、一年落ちの樽を安く譲ってもらうなど、彼の熱意が色々な面でシャトーの現在を支えています。
格付けシャトーに匹敵する「低収量」

ピエールのワイン哲学の第一にあるものは、「良いブドウを育てる」こと。 冬の剪定から収穫期まで、全ての畑仕事をピエール一人で行います。 ほとんど毎日畑の見回りを行う彼の目は、常にブドウの生育状況を監視しています。他の房よりも未熟な房があれば、その都度丁寧に落としていきます。こうすることで、彼が目指す果実味たっぷりのワインにふさわしい、完璧に熟したブドウのみにきちっと栄養が行き渡るのです。 この結果、この価格帯の一般的なワインが50?60ヘクトリットル/ヘクタールの収量であるのに対し、ラグラーヴ・パランでは35?40ヘクトリットル/ヘクタールと非常に低収量です。これはメドックの格付けシャトーなどにも匹敵するレベル!なんと贅沢な造りであるか。 しかも、未熟果があればすぐに対処して常に最良の状態にしておくため、収穫の時には全てのブドウが100%健全な状態で生っています。収穫は40人の日雇い労働者とともに一斉に行いますが、この時点でブドウは完璧なコンディションのため、本当にあっという間に収穫は終わってしまいます。それもまた、健康なブドウジュースを得るための秘訣なのかもしれません。




シャトー・ラグラーヴ・パラン(シャトー・ラグラーヴ・パラン)
Chateau Lagrave Paran

シャトー・ル・コーヌ ル・モナーク

商品名シャトー・ラグラーヴ・パラン
メーカー名シャトー・ラグラーヴ・パラン
ヴィンテージ2010
生産国フランス
地 域ボルドー
地 区
村 名
原産地呼称A.O.C.ボルドー・スペリュール
品 種メルロー 40%/カベルネ・ソーヴィニヨン 30%/カベルネ・フラン 30%
タイプ辛口・赤・フルボディ
 飲み頃温度 17℃ ALC度数 14.30 %
熟 成熟成 12ヶ月フレンチオーク熟成
(225L、新樽比率33%)
価 格
●.750ml \2.080(2.246円)

備 考■シャトー・ラグラーヴ・パラン■
ラフォン家によって経営されているアントル・ドゥ・メールのシャトー。「最高のワインは最高のブドウから」を哲学に、凝縮した果実味と素晴らしい骨格が調和したワインをつくります。
平均年間生産量 55,000本
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ



最高のワインは、最高のブドウから。

ピエール・ラフォン氏の掲げるワイン造りの哲学は非常にシンプルです。それは「最高のワインは最高のブドウから」という彼の言葉に集約されます。そして彼のワインを一口飲めば、如何に彼がその言葉に忠実であるかがはっきりと感じ取れます。 「最高のワインは最高のブドウから」・・・この言葉が意味するところは、本当に美味しいワインを造るためには、小手先のテクニックや樽の“味付け”に頼るのではなく、第一に素晴らしいブドウを栽培し、収穫することが大事なのだ、ということです。そして、素晴らしいブドウを得るための努力を、ピエールはまったく惜しみません。 彼の考えるワイン哲学を実現するためには、3つの要素が必要だとピエールは言います。南向きの粘土石灰質土壌という素晴らしいテロワール、ラグラーヴ・パランを裏で支えるステファン・トントンジ氏のコンサルタント、そして何よりも大事なことが日々の畑の手入れ・・この3つが「最高のブドウ」を造る完璧なコンビネーションとなるのです。 ステファン・トントンジ氏のコンサルタントとしての哲学は、テロワールを尊重したモダンなワインを造ること、そしてそのテロワールを、ワインが開けられるその瞬間にアロマを最大限に持っていくために利用することです。ステファンの哲学がピエールのそれと共感し、ワインの品質は目覚ましく向上しました。 ステファンは研究所も持っていますが、「科学が人間の感性やテロワール、ワイン造りに対する人間の愛情に取って替わることは決してない」と確信を持って語ります。
果実味を一切損ねないための醸造を・・・

最高のブドウを最高のワインに仕上げるにはどうすればよいか―。 ピエールが選択したのは、果実味を損ねないためにより自然で、人の手を必要以上に加えない醸造・熟成です。ラグラーヴ・パランはオーク樽で12か月間熟成させますが、その新樽比率は33%と控えめ。実際に飲んでみると、樽が主張しすぎず、力強い果実味を下からしっかりと支えていることがよく分かります。樽のニュアンスは果実味に溶け、より複雑で、エレガントさのあるボルドーワインへと昇華しています。 ラグラーヴ・パランの醸造所は写真の通り非常に小さく、中には必要最小限のものしか配されていません。全てをピエール一人で行うため、自分の目の行き届く広さに収める必要があるからです。ワインは醸造所の半地下にある石造りのセラーで寝かされています。
最高の熟成樽を得るためには?

オーク樽はボルドーの赤ワインにとって非常に重要なファクターです。 オーク材の産地、その良し悪し、ワインの目指すスタイルに合ったロースト加減であるかどうか、またそれらをどう組み合わせるか・・・など、ワイナリーは常に頭を悩ませる部分です。 また、シャトーの力関係にも左右されます。良い樽は、格付けシャトーや有名なシャトー、そして資金力のあるシャトーから先に買われていってしまいます。そのため、多くのプティ・シャトーは最上のオーク樽を得ることが非常に難しいのです。 ところがラグラーヴ・パランの場合、だいぶ状況が違います。彼のセラーに置かれたオーク樽にはメーカーの刻印などもなく、またそのデザインもどこか普通のものと異なります。実は彼が使っているオーク樽は、知人の樽職人から直接購入しているもので、ピエールがその知人に「この森の、この木から樽をつくってほしい」と材料まで指定してつくらせたものなのです。 また、2004年まではサン・テミリオンのシュヴァル・ブランから1年落ちの樽を安く譲ってもらっていたりと、自身の情熱で築いてきた人脈をうまく活用して、良い樽を調達しているのです。 ラグラーヴ・パランの特徴である、完熟した果実味と程よい樽感の絶妙なバランスは、まさにこうした努力によってつくり上げられているのです。




ワインのコーナー
シャトー・ド・フェラン
Chateau de Ferrand

2012年にサン・テミリオン・グラン・クリュ・クラッセ昇格
劇的な進化を遂げた歴史ある銘醸シャトーに、今注目が集まっています!

長い歴史とユニークなテロワール、技術革新。そしてクラッセへの昇格

シャトー・ド・フェラン

シャトー・ド・フェラン
最も古い記録では、1659年まで遡る歴史あるシャトーです。 その長い歴史をずっと見守り続けてきたのが、フェラン家です。サン・テミリオンの街の東、アペラシオンの中で最も標高の高い位置にある彼らのシャトーはルイ14世の時代、1702年に建設されたもので、クラシックで荘厳な造りのこの建物はベルサイユ宮殿を手がけた建築家が設計したことで知られ、その歴史的価値はとても高いといいます。シャトーを取り囲む畑は風通しが良く健全で、さらにその畑を囲むように広大な森が広がり、自然のままの環境を維持しています。他のシャトーと離れた環境にあるため、その独自性は一貫して守られています。 その長い歴史を持つシャトーに、1978年、大きな転機が訪れました。ボールペンのビック社の創業者、ビック男爵がオーナーとなりました。その後、娘のポリーヌとその夫のフィリップ氏にシャトーは譲られ、現在の体制となります。 そして2009年に、ブドウ醸造の設備を一新。健全なブドウのみを選果できるオプティカル・ソーティング・マシンの導入、ブドウにストレスを与えない重力システム、垂直式の圧搾機、天然酵母の使用など、次々と設備投資や技術改善を行いました。 2011年にセカンドワイン「ル・ディフェロン」をリリースし、グランヴァンのレベルがさらに向上。 そして2012年に行われたINAOの格付け見直しで、「サン・テミリオン・グラン・クリュ・クラッセ」に昇格したのです。

個性的な畑、その全ての区画の特徴を把握

シャトー・ド・フェラン シャトーが所有する42haの敷地の内ブドウ畑は32ha、ブドウ樹の比率は75%がメルロー、15%がカベルネフラン、残り10%がカベルネソーヴィニヨンとなっています。 畑の標高は46m-100mで、サン・テミリオンの中で最も標高の高いシャトーの1つです。ドルドーニュ渓谷を見下ろす東向きの畑は、陽当たり、風通しがとても良く、雨や朝霧にも強いため病気になりにくいという利点があります。 主に4つの土壌から構成されています。
―粘土や砂を含んだ茶色い石灰岩、深さ50-120 より下に岩
―石灰に富む茶色い粘土砂質、深さ120-200より下に岩
―石灰に富む茶色い土壌が、泥板岩の上に広がる。
―茶色い粘土砂質、特に砂っぽい粘土。
これらの土壌はどれも違った個性を持っていますが、唯一共通するのが粘土質比率が高いことです。豊かな粘土質土壌は、ボルドーワインにとって素晴らしい醸造ポテンシャルがある、と言えます。

区画ごとに違ったアプローチ 丁寧な手入れ

シャトー・ド・フェランには畑を管理するための決まったやり方は存在しません。全ての区画が持つ独自性を尊重し、区画毎に違ったアプローチ方法で細かく手入れを行います。 また株を高く育てると共に株密度も徐々に増やし、今では1ヘクタールあたり7000株を超え、収穫されるブドウの品質向上に貢献しています。 栽培では以下の2つの原則を守っています。  1. 最高品質のブドウの収穫を保証する事  2. 健全な生育環境を保護するため、持続可能な方法を用いる事 ワイナリーではテラ・ヴィティス(Terra Vitis)の認証を取得しています(リュット・レゾネ)。除草剤は何世代にも渡り使われておらず、化学肥料はワインの成長をコントロールする為に必要最小限の使用に留めています。
シャトー・ド・フェラン




ル・ディフェロン(シャトー・ド・フェラン)
le Different de Chateau de Ferrand

ル・ディフェロン

商品名ル・ディフェロン L1648511
メーカー名シャトー・ド・フェラン
ヴィンテージ2012
生産国フランス
地 域ボルドー
地 区サン・テミリオン
村 名
原産地呼称A.O.C.サン・テミリオン・グラン・クリュ
品 種メルロー 85%/カベルネ・フラン 10%/カベルネ・ソーヴィニヨン 5%
タイプ辛口・赤・フルボディ
 飲み頃温度 16℃ ALC度数 14.00 %
熟 成熟成 オーク樽熟成12ヶ月間
(新樽比率33%、フレンチオーク、225L)
価 格
●.750ml \2.640(2.851円)

備 考■ル・ディフェロン■
2012年に格付に昇格したシャトー・ド・フェランのセカンドワイン。厳格で力強いファーストのスタイルを受け継ぎながらも、完熟フルーツ溢れる親しみやすい味わいのワインです。
平均年間生産量 60,000本
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ オーガニック認証機関 Terra Vitis
コンクール入賞歴 パリ農業コンクール 2014 金賞





シャトー・ド・フェラン(シャトー・ド・フェラン)
Chateau de Ferrand

シャトー・ド・フェラン

商品名シャトー・ド・フェラン L1648510
メーカー名シャトー・ド・フェラン
ヴィンテージ2012
生産国フランス
地 域ボルドー
地 区サン・テミリオン
村 名
原産地呼称A.O.C.サン・テミリオン・グラン・クリュ
サン・テミリオン グラン・クリュ クラッセ
品 種メルロー 77%/カベルネ・フラン 14%/カベルネ・ソーヴィニヨン 9%
タイプ辛口・赤・フルボディ
 飲み頃温度 16℃ ALC度数 14.00 %
熟 成熟成 フレンチオーク樽にて16ヶ月熟成
(225L、新樽比率60%)
価 格
●.750ml \4.800(5.184円)

備 考■シャトー・ド・フェラン■
2012年に格付に昇格した今注目のシャトー。300年以上の長い歴史で培ったノウハウと最新の醸造技術を融合させ、サン・テミリオンでもトップクラスの品質のワインを産み出しています。
平均年間生産量 110,000本
オーガニック等の情報 リュット・レゾネ オーガニック認証機関 Terra Vitis
コンクール入賞歴 パリ農業コンクール 2014 金賞


シャトー・ド・フェラン

人の手と最新マシン
 ダブルチェックで完璧なブドウを!

収穫の時期になると、シャトー・ド・フェランではポリフェノールの完熟度合を測るための測定器を使いますが、収穫のタイミングを決める最終判断はシンプルにテイスティングで行います。 収穫されたブドウはまず人の手で選別され、その後オプティカル・ソーティング・マシンによって状態の良いブドウのみが残ります。2009年に導入されたこのマシンは2台のカメラを備え、一つはブドウの実の形状を、もう一つは色素の度合いをチェックします。予め「どのレベル以下のブドウを除外するか」をコンピュータに登録しておき、その基準に満たないブドウを粒単位で強い風で弾き飛ばしていくシステムとなっています。この二重のチェック体制によって、完璧な熟成を遂げたブドウのみが醗酵タンクへと移動するようになっています。発酵タンクへの移動はポンプを使わず、全て上から下へ、重力式の設備配置となっています。これにより、ブドウにストレスをかけることなく、健全で果実味の活きたブドウジュースとなるのです。

エレガントで個性的なワインを 最良の環境で熟成

シャトー・ド・フェランが誇るもう一つの設備がこのセラーです。 500もの樽を収容可能なこのセラーは、風通しが良く、温度・湿度は非常に安定していてワインの熟成に最適な環境と言えます。フレンチオーク樽にて12?16か月熟成、新樽比率は60%で、残りは1年樽を使います(セカンドワインの新樽比率は33%)。トーストはミディアム・プラスで、樽感が出過ぎない、バランスの良いワインを目指します。樽は毎年8社の樽業者から選んでいます。
シャトー・ド・フェラン

 このページの商品は、店頭には在庫はありませんが、
受注後2日から3日で 酒問屋さんからバラ取り寄せ可能な商品です。
但し、表示が「売り切れ」「取り扱い終了」「品切れ」「終 売」の場合は
この限りではございません。






シャトー・ラ・ファヴィエールへはこちらから

シャトー・ラ・ヴァラドへはこちらから

ワインギャラリー一覧表へはこちらから


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール  osake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。