「王道楽土」「球磨拳」「ひのひかり」恒松酒造本店
お買い物の説明 カゴの中身 加賀鳶 出羽桜 ワイン お店の説明 トップページ

焼酎のコーナー

王道楽土・球磨拳
(おうどうらくど・くまけん・ひのひかり)
恒松酒造本店(株)熊本県球磨郡多良木町大字多良木1022

人吉・球磨を取り囲む緑に覆われた山々は、標高700メートル以上という峻嶮さをもち、その山々からは清冽な水がやむことなく流れつづけています。熊本県の南端に位置し中央を球磨川の激流が走り鎌倉時代初期から約800年間相良氏によって統治されたこの地は、九州の小京都と呼ばれ豊かな自然の恵みに包まれている神秘的な霧の里です。 歴史的にも人吉・球磨には、相良氏の居城であった人吉城跡があります。建久九年、この城は、相良長頼が源頼朝の命をうけて人吉に下り、平頼盛の代官矢瀬主馬助の拠った、人吉城を攻め取りました。その後、相良氏の居城として幕藩体制化を生きぬきましたが西南戦争で薩摩郡の陣地となり全てを失いました。 また、弊社がございます球磨郡多良木町は相良800年の歴史に彩られ、数多くの文化財に恵まれた、面積165.87平方キロメートル、人口約13000人の小さな街で、鶴が飛来していた地域でもあり鶴が羽を休める場所という意味を持つ鶴羽という地名がのこっています。 このような、大自然と悠久の歴史を持つ、球磨郡多良木町鶴羽に、創業大正6年の株式会社恒松酒造本店が在ります。
「王道楽土」「球磨拳」「ひのひかり」などが代表銘柄です。

直接、恒松酒造本店のHPへ行ってみるのもいいかも・・・・  恒松酒造本店のHPへのリンク





王道楽土(おうどうらくど) 25度 


商品名本格芋焼酎「王道楽土」25度 在庫本数 1本
 取り寄せ商品
生産会社恒松酒造本店株式会社
都道府県名熊本県球磨郡多良木町
原材料名芋(黄金千貫)・米麹
製造方法使用麹・黒麹 :仕込み法・
蒸留法・常圧蒸留 
味わい指標 アルコール度数 /25度
タイプ香り味わいが濃く、きれい特徴のいも焼酎
飲み方ロック○ ストレート◎ お湯割り◎
貯蔵法/年1年タンク貯蔵
備 考常圧/黒麹 無濾過
価 格
●1800ml \2.192(2.302円)

コメント■王道楽土25度■熊本県山江村の農家との契約栽培芋(黄金千貫)をひとつひとつ手作業で選別し、米黒麹1.2トンに対し芋6トンの割合で仕込んだ贅沢な本格焼酎です。麹菌は厳選した黒麹を用い、無濾過で瓶詰めし、芋本来の風味を大事に残しました。飲み方 焼酎6お湯4の6:4のお湯割がお勧めです。 弊社の芋焼酎「王道楽土」は、無濾過の芋焼酎であります。しかし、無濾過の芋焼酎は、現在のところ大変数が少なく貴重な存在です。 その理由として 機械濾過をせず、冬場の寒冷期に手作業でフーゼル油をすくって除去しています。 フーゼル油とは主に脂肪酸ですが、これは焼酎の旨み成分でもあります。 従って、除去しすぎると旨みの薄い辛い焼酎になります。 手作業でフーゼル油を除去するには、小さい蔵の小さいタンクが最適です。ゆえに、大きいタンクでまとめて製造することができない焼酎なのです。 無濾過の芋焼酎は、原料の芋が少しでも傷んでいたり、鮮度が悪いと味にストレートに反映します。弊社はすぐ近くの農家と栽培契約を結び、すべて新鮮な朝掘り芋を使用しています。 その芋をひとつひとつ手作業でカットしていますので、傷んでいる芋を確実に除去できます。 よって雑味がなく、芋本来の純粋で自然な香りと甘さを引き出すことができるのです。新鮮な芋だけを使用できる環境の蔵だけが製造できる焼酎です。





王道楽土(おうどうらくど) 25度 


商品名本格芋焼酎「王道楽土」25度 在庫本数 0本
生産会社恒松酒造本店株式会社
都道府県名熊本県球磨郡多良木町
原材料名芋(黄金千貫)・米麹
製造方法使用麹・黒麹 :仕込み法・
蒸留法・常圧蒸留 
味わい指標 アルコール度数 /25度
タイプ香り味わいが濃く、きれい特徴のいも焼酎
飲み方ロック○ ストレート◎ お湯割り◎
貯蔵法/年1年タンク貯蔵
備 考常圧/黒麹 無濾過
価 格
●.720ml \1.100(1.155円)

コメント■王道楽土25度■熊本県山江村の農家との契約栽培芋(黄金千貫)をひとつひとつ手作業で選別し、米黒麹1.2トンに対し芋6トンの割合で仕込んだ贅沢な本格焼酎です。麹菌は厳選した黒麹を用い、無濾過で瓶詰めし、芋本来の風味を大事に残しました。飲み方 焼酎6お湯4の6:4のお湯割がお勧めです。 弊社の芋焼酎「王道楽土」は、無濾過の芋焼酎であります。しかし、無濾過の芋焼酎は、現在のところ大変数が少なく貴重な存在です。 その理由として 機械濾過をせず、冬場の寒冷期に手作業でフーゼル油をすくって除去しています。 フーゼル油とは主に脂肪酸ですが、これは焼酎の旨み成分でもあります。 従って、除去しすぎると旨みの薄い辛い焼酎になります。 手作業でフーゼル油を除去するには、小さい蔵の小さいタンクが最適です。ゆえに、大きいタンクでまとめて製造することができない焼酎なのです。 無濾過の芋焼酎は、原料の芋が少しでも傷んでいたり、鮮度が悪いと味にストレートに反映します。弊社はすぐ近くの農家と栽培契約を結び、すべて新鮮な朝掘り芋を使用しています。 その芋をひとつひとつ手作業でカットしていますので、傷んでいる芋を確実に除去できます。 よって雑味がなく、芋本来の純粋で自然な香りと甘さを引き出すことができるのです。新鮮な芋だけを使用できる環境の蔵だけが製造できる焼酎です。





球磨拳(くまけん) 25度 


商品名本格純米焼酎「球磨拳」25度 在庫本数 1本
 取り寄せ商品
生産会社恒松酒造本店株式会社
都道府県名熊本県球磨郡多良木町
原材料名・米麹
製造方法使用麹・黄麹 :仕込み法・
蒸留法・常圧蒸留 
味わい指標 アルコール度数 /25度
タイプ華やかな香りと、スッキリとした甘み
飲み方ロック○ ストレート◎ お湯割り◎
貯蔵法/年
備 考 無濾過
価 格
●1800ml \1.728(1.866円)

コメント■球磨拳25度■米焼酎の聖地、熊本県球磨郡で、 杜氏歴約40年の前田杜氏が、吟醸酒用の黄麹菌と酵母で低温発酵させました。 さらに、米麹を通常の約2倍使用し、味わいを深めております。 これらのこだわりを大事に残す為、無濾過で瓶詰めした自慢の1本です。 お湯割がお勧めです。 無濾過へのこだわり 世界の産地指定を受けている「球磨焼酎」の知名度を上げる為、銘柄にも「球磨」を前面に出し、こだわりをもった造りで「球磨焼酎」の品質の高さを証明することがこの焼酎の目的です。 純米焼酎の華やかな香りと、スッキリとした甘みが良くでています。又、造りにしっかりとした特徴がありますので、こだわりをもった焼酎党にお勧め出来ます。 米焼酎の聖地、熊本県球磨郡で、杜氏歴約40年の前田杜氏が、吟醸酒用の黄麹菌と酵母で低温発酵させました。 さらに、米麹を通常の約2倍使用し、味わいを深めております。 これらのこだわりを大事に残す為、無濾過で瓶詰めした自慢の1本です。 こだわり尽くした焼酎を、無濾過で瓶詰めし、純米焼酎本来の風味を大事に残しました。 純米焼酎本来の華やかな香りとスッキリとした甘さをお楽しみ下さい。





球磨拳(くまけん) 25度 


商品名本格純米焼酎「球磨拳」25度 在庫本数 0本
生産会社恒松酒造本店株式会社
都道府県名熊本県球磨郡多良木町
原材料名・米麹
製造方法使用麹・黄麹 :仕込み法・
蒸留法・常圧蒸留 
味わい指標 アルコール度数 /25度
タイプ華やかな香りと、スッキリとした甘み
飲み方ロック○ ストレート◎ お湯割り◎
貯蔵法/年
備 考 無濾過
価 格
●.720ml \.842(.884円)

コメント■球磨拳25度■米焼酎の聖地、熊本県球磨郡で、 杜氏歴約40年の前田杜氏が、吟醸酒用の黄麹菌と酵母で低温発酵させました。 さらに、米麹を通常の約2倍使用し、味わいを深めております。 これらのこだわりを大事に残す為、無濾過で瓶詰めした自慢の1本です。 お湯割がお勧めです。 無濾過へのこだわり 世界の産地指定を受けている「球磨焼酎」の知名度を上げる為、銘柄にも「球磨」を前面に出し、こだわりをもった造りで「球磨焼酎」の品質の高さを証明することがこの焼酎の目的です。 純米焼酎の華やかな香りと、スッキリとした甘みが良くでています。又、造りにしっかりとした特徴がありますので、こだわりをもった焼酎党にお勧め出来ます。 米焼酎の聖地、熊本県球磨郡で、杜氏歴約40年の前田杜氏が、吟醸酒用の黄麹菌と酵母で低温発酵させました。 さらに、米麹を通常の約2倍使用し、味わいを深めております。 これらのこだわりを大事に残す為、無濾過で瓶詰めした自慢の1本です。 こだわり尽くした焼酎を、無濾過で瓶詰めし、純米焼酎本来の風味を大事に残しました。 純米焼酎本来の華やかな香りとスッキリとした甘さをお楽しみ下さい。





酒造としてのこだわりとして、焼酎造りの中で私共が一番神経を使うのが「水」です。焼酎の味を左右するのは「水」といっても大袈裟ではないと思います。純粋で癖のない地下水が焼酎造りには最適です。弊社は、水量の豊富な田園地帯の地下80メートルから汲み上げた地下水を使って焼酎造りに取り組んでいます。
こだわりのポイント
○原料にこだわるため、地元産の自家栽培米、契約栽培芋など、地元産の原料を100パーセント使用した商品開発を積極的に進めています。
○水にこだわるため、田園地帯の地下80メートルから汲み上げた天然水のみを使用しています。
○香り豊かな焼酎をつくるため、従来の白麹に加え、清酒用の黄麹をとりいれ、真冬の寒冷期だけに低温(15度)で仕込む吟醸香生かした焼酎、シェリー樽で貯蔵熟成した焼酎など商品開発も進めています。
○地元、契約栽培の原料の良さを活かすため、手間は掛かりますが、原料本来の味わいをストレートに表現できる無濾過の焼酎づくりを進めています。
○古来からの伝統の製造方法(玄米、黒麹、常圧蒸留など)でつくった焼酎を熟成中です。



黄麹で仕込んだモロミの様子

黒麹で仕込んだ酒母の様子

タンク内で熟成中。
年月が経つほどまろやかに育ちます。

世界各地から取り寄せた樽で熟成中。
瓶詰めの日を静かに待ちます。



余分な油を真冬に
手作業で除去します。

契約栽培農家と新鮮な朝掘り芋
昭和13年9月30日、焼酎の名産地、熊本県球磨郡多良木町に生まれた前田勝国杜氏です。前田杜氏は、昭和33年恒松酒造本店に入社し、杜氏見習いとして焼酎造りを始め、その後研鑚を重ね昭和43年に正式な杜氏となり現在に至ります。その間、球磨焼酎の鑑評会にて数々の賞を受賞しているベテラン杜氏ですが、いかに消費者の方に満足していただける焼酎を醸していくか、日々研究心を忘れず弊社の焼酎を磨きつづけています。




ひのひかり(恒松酒造本店)の館へはこちらから

岩いずみ(白露酒造)の館へはこちらから

目次ページへの簡単リンクです!
焼酎目次へ ワイン目次へ 銘酒目次へ


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メール info@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。