鉄砲隊(てっぽうたい)■吉村秀雄商店■和歌山県岩出市畑毛72番地

鉄砲隊 お買い物の説明 カゴの中身 加賀鳶 出羽桜 ワイン お店の説明 トップページ

日本酒のコーナー

鉄砲隊
(てっぽうたい)葛g村秀雄商店和歌山県岩出市畑毛72番地
鉄砲隊
鉄砲隊

吉村秀雄商店は、土壁蔵の中で「日本城」を造っている
和歌山県岩出市畑毛にある銘醸蔵元です。「日本城」で培った全ての技術と蔵人の魂で醸した「鉄砲隊」は、3種類のお米を使い分け、「紀州山田錦 鉄砲隊」「近江玉栄 鉄砲隊」「播州山田錦 鉄砲隊」それぞれの個性を大切に純米吟醸生貯蔵原酒規格のお酒を販売店限定でお届けするお酒です。

そして、良いお酒との出会いを求めての
純米酒フェスティバル大阪参加の銘醸蔵元です。


日本城(鉄砲隊)は全国新酒鑑評会において
見事!3年連続金賞受賞しました!

吉村秀雄商店では、平成2年(1990年)より
通算8年金賞受賞しています。

直接、吉村秀雄商店のHPへ行ってみるのもいいかも・・・・
  鉄砲隊のHPへのリンク







鉄砲隊 和歌山山田錦 純米吟醸



ビン詰め日付 2006.8 在庫本数 0本
都道府県名和歌山県岩出市畑毛・吉村秀雄商店
製造方法純米吟醸・生貯蔵・原酒
原料米山田錦(和歌山産)100%
精米歩合 58%   酵母/和歌山酵母(9号系)
味わい指標日本酒度/+2 酸度/2.1 アミノ酸度/2.1
アルコール度数 /18度
タイプ穏やかな香と奥行きのある深い味わい。
飲用温度常温◎ 冷やして○
熟 成
備 考保管・貯蔵は冷蔵庫
価 格
●1800ml \2.800(2.940円)

コメント 鉄砲隊 和歌山 山田錦 純米吟醸
和歌山県産山田錦が「酒造好適米」に認定されたのが平成17年。これからの地酒としての宿命ともいえる「米、麹、水」の全て地元、和歌山産としてデビュー。
肴(鳥唐揚げ・ねぎま(たれ甘め))
【ひや】フル−ティーさが残る、お米の旨味濃くあり(甘口に感じるが)、黄金色少しあり、にがみのない味わい、酸少しあり
鳥唐揚げとの相性:○ 酸が油分と合う ねぎま:○ 甘さとも調和
【燗】味わいは米の旨味(甘み)が深み(ボリューム感)を増す、高いアルコール感あり、苦味が少し出てくる(フルーティの良さがなくなる)、少し硬くなる
強いていえば「ひや」がおすすめ、お米(山田錦)の特性を如何なく発揮したお酒、飲んだ限りでは「酸」は数値ほどは全く感じません





鉄砲隊 滋賀玉栄 純米吟醸



ビン詰め日付 2006.8 在庫本数 0本
都道府県名和歌山県岩出市畑毛・吉村秀雄商店
製造方法純米吟醸・生貯蔵・原酒
原料米玉栄(滋賀産)100%
精米歩合 58%   酵母/和歌山酵母(9号系)
味わい指標日本酒度/+3 酸度/2.2 アミノ酸度/2.1
アルコール度数 /18度
タイプ華やかな香と奥行きのある味わい。
飲用温度常温○ 冷やして◎
熟 成
備 考保管・貯蔵は冷蔵庫
価 格
●1800ml \2.686(2.820円)

コメント 鉄砲隊 滋賀玉栄 純米吟醸
肴(鳥唐揚げ・ねぎま(たれ甘め))
【ひや】フル−ティーさが残る、お米の旨味、濃くあり(甘口に感じるが)まったり味、黄金色少しあり、にがみのない味わい、とても美味しい酸あり
鳥唐揚げとの相性:○ 酸が油分と合う ねぎま:○ 甘さとも調和
【燗】味わいは米の旨味(甘み)が深み(ボリューム感)を増す、高いアルコール感あり、そのため少しだけ荒くなる、少し硬くなる、燗をつけてもバランスは壊れなかった○
ワイングラスで試してみると、グラスを滴る粘性の高さは見事!こちらも旨味たっぷりの仕上がり。滋賀県産の玉栄も味わいある良いお米です。こちらも飲んだ限りでは「酸」は数値ほどは全く感じません





鉄砲隊 播州山田錦 純米吟醸



ビン詰め日付 2006.8 在庫本数 2本
都道府県名和歌山県岩出市畑毛・吉村秀雄商店
製造方法純米吟醸・生貯蔵・原酒
原料米山田錦(兵庫産)100%
精米歩合 55%   酵母/和歌山酵母(9号系)
味わい指標日本酒度/+2 酸度/1.8 アミノ酸度/1.5
アルコール度数 /18度
タイプ華やかな香と奥行きのある味わい。
飲用温度常温○ 冷やして◎
熟 成
備 考保管・貯蔵は冷蔵庫
価 格
●1800ml \3.000(3.150円)

コメント 鉄砲隊 播州山田錦 純米吟醸
肴(鳥唐揚げ・ねぎま(たれ甘め))
【ひや】香 ◎ 味わい上品○ 酸少しあり
鳥唐揚げとの相性:○ 酸が油分と合う ねぎま:○ 甘さとも調和
【燗】味わいは米の旨味(甘み)が深み(ボリューム感)を増す、高いアルコール感あり、燗をつけてもバランスは壊れなかった○
「和歌山産の山田錦」も素晴しく、好きですが、この「播州産山田錦」はさらに落ち着きあり、後口が、より上品に仕上がった感があります。飲み比べて見ると3種類のお酒とも、それぞれの素晴しい個性が表現され、杜氏さんの力量が発揮され、濃い目の食事にもマッチする素晴しい出来栄えだと思います。
もちろんお酒だけ飲んでも楽しめますよ!






葛g村秀雄商店 お蔵紹介
安村部長
和歌山の日本城(鉄砲隊)安村部長


村崎課長
和歌山の日本城(鉄砲隊)村崎課長
■歴史■吉村秀雄商店は、大正4年(1916年)に創業。創業者の吉村秀雄さんがこよなく愛した和歌山城から酒名「日本城」が誕生。「日本城」にて数々の栄誉を得ています。
■「鉄砲隊」の酒名のいわれ■弊社の蔵がある和歌山県北部の岩出町には、根来寺というお寺があります。このお寺は、地域一帯を支配下におく大勢力を誇りました。本州で始めて、種子島より鉄砲の生産技術を学び受け、僧兵で鉄砲隊を結成したことで有名です。この地元の故事になぞらえて、根来より力強いお酒を、日本酒への想いを弾に込め訴えていきたいと名付けました。
■酒造りの考え方■綺麗な味わいで香を引き出すのが上手な「林本嘉宣(はやしもとよしのぶ)」杜氏さんの個性を最大限引き出す為「和歌山酵母」を使用し、「瓶燗・生貯蔵」、「原酒」を基本原則としています。
■貯蔵■土壁蔵の蔵の地下には大規模な貯蔵庫があり、目指すお酒の味わいにより2種類の温度にわけ管理されています。最低でも半年以上貯蔵熟成し飲み頃の酒を厳選出荷しています。

■その名は紀州根来の鉄砲隊!!■

「紀州の鉄砲隊」と聞いて最初に浮かんだのが「雑賀孫一」「雑賀衆」の鉄砲隊。僕の中では、
根来(ねごろ)というと何故か「忍者」。説明を伺って、「そういえば根来寺の僧兵、
鉄砲持っていたっけ」。行き過ぎの価格戦争の影響をもろに受け、まがい物(麦を全く使用しないビールもどき、米をほとんど使用しない日本酒)のほうが市中にはびこり、真摯にものづくりをしている蔵ほど例外なく存続の危機を迎えています。ほんのすぐ、近い将来、小さな蔵の「まともな、ちゃんとした、ほんものの日本酒」が飲めなくなるのではと危惧するのは僕だけではないと思います。このお蔵にもドラマがあります。

そんな中、これまで銘酒「日本城」で数々の栄誉を手にした和歌山の吉村秀雄商店が魂の全てを注ぎ込んで、あえて混ぜ物のない「純米吟醸原酒」を世に問い、できたのが、販売店限定のこの「鉄砲隊」です。5人の男たち(蔵人)の熱き想いをお届けします。





山吹極(山形の銘酒)の館へはこちらから

百楽門(奈良の銘酒)の館へはこちらから

目次ページへの簡単リンクです!
焼酎目次へワイン目次へ銘酒目次へ


●お問い合わせは・・・・・・

お酒のスーパーストア三京(さんきょう)   担当 中西 康雄
〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐2-20-18
電話06-6328-0025 FAX 06-6328-9349  メールosake@sankyou.info
トップページ ご注文のながれ お支払方法 配達方法・送料 個人情報 特定商取引法表記 お問い合わせ
このホームページに掲載されている記事・商品解説・写真などの無断転載を禁じます。